廃線跡をたどる6月のプチ旅

f:id:fyou:20170630201703j:plain

f:id:fyou:20170630201708j:plain

f:id:fyou:20170630201713j:plain

f:id:fyou:20170630201717j:plain

さて

今日も赤谷方面の話

R14を走っていくと

ダム以外にも見所が

廃線となった赤谷線を辿ることができます

赤谷線の終点東赤谷駅は、当事唯一のスイッチバックの駅だったそうで

鉄道オタクの間では有名らしいです

新発田と東赤谷を繋いでいた線路は

今はサイクリングロードになっているようです

私はいつも車なのでサイクリングロードを通ったことはないのですが

走ったら気持ちよさそう

国道R14を走っていると

しばらくはのどかな田園風景が続きます(1番目の写真)

これは少し前に撮ったものなので

まだ稲が小さい

今はもう少し育ってます

R14沿いに最初にあるのが内の倉ダムですが

そこから少し行ったところに

赤谷駅もどきがあります(2番目の写真)

赤谷藩の看板と電車の1部

なぜこの場所にこんなものがあるのかはわかりませんが

赤谷駅を偲んで作った場所なんでしょうか?

そこから更に進むと

赤谷集落の民家の中に混ざって

赤谷駅舎があります(3番目の写真)

今でも集会所として使われているようです

そして更に進んでいくと

東赤谷駅跡が(4番目の写真)

今ではバス停になっていて

バスのロータリーになっています

この場所はまさにスイッチバックの場所だったようですね

赤谷線が現役だった頃は

更にこの先に鉱山へと続く線路があったそうですが

今では線路は跡形も無くなってます

でも所々線路の跡みたいなのも

気を付けて見てるとありますね

赤谷方面はこのように

ダムもあれば廃線跡もある

森林公園ではキャンプもできます

ダムオタクも鉄道オタクもアウトドアも楽しめる

私の好きなドライブスポット

ちなみに私はダムオタクでも鉄道オタクでもないし

アウトドアも特に好きではありません

(と言っても信じてもらえないような気がしますが…)

でも赤谷方面を辿るのは大好きです(笑)

以上6月のプチ旅でした