誰か幸せになった人いるの?

f:id:fyou:20170811152056j:plain

f:id:fyou:20170811152100j:plain

この前テレビで

ブルー・ビーという

美しい青い蜂を映していた

幸運を呼ぶ青い蜂なんだそうな

このブルー・ビー

ミツバチの1種で

別名ルリモン・ハナバチ

黒い体に青い毛がボーダー状に生えている

確かに美しい蜂である

ミツバチの中でも青いものは非常に珍しいらしい

近年では数が減少していて

絶滅危惧種になっているとか

その稀少性から

ブルー・ビーを見ると幸運がやってくる

と、言われている

この手の話はよくありますなあ

見ると幸運がやってくる

で?

ホントに幸運がやってきた人

いるの?

そういう話いまだかつて聞いたことないんですけど

実際には

美しい珍しい蜂を見ることができて

幸せな気持ちになるってことなんでしょうね

このブルー・ビー

生態はというと

自分で巣を作ったりせず、近縁のハナバチの種類の巣に労働寄生をする

労働寄生とは、宿主の体そのものでなく、宿主が必要な餌として獲得したものを奪う、あるいはそれを行って生活すること

こういう生態の蜂が

美しい姿ではなく

真っ黒い不吉な姿をしていたら

逆に不幸を呼ぶ蜂とでも呼ばれていたに違いない

人間とはそういうものだ

幸運を呼ぶ蜂とは

人間が勝手につけた呼び名

蜂も自然もあるがままにあるだけだ

このブルー・ビーは

熊本県の葉祥明絵本美術館の丘でよく見られるということです

こんなところで

こんな美しい蜂を見ることができたら

確かに幸せな気分になるだろう

ブルー・ビーが見られるのは9~11月ぐらいですが

美術館では8月から見れるそうです

幸せが訪れるかどうかは別にして

1度は行ってみたいところです