秋は夕暮れ

f:id:fyou:20171019084557j:plain

毎日毎日雨続きで

秋の行楽を楽しむゆとりもありませんなあ

家の近くには柿の木が結構あって

家の庭にもありますが

毎年今時期になると

イヤというほど柿を食べさせられます

嫌いではないんですが

続くと飽きますね(^_^;)

柿をみると思い出すのが

高校生だった頃

俳句で入賞したこ

当時の英語の先生が

趣味が俳句で

毎年市が募集してた俳句大会に

生徒全員強制参加させられた

みんなブツブツ言いながら

五、七、五にあてはめて書き

提出すると

先生がまとめて主催者に持っていく

3年間の中で

1度だけ

7位に入賞したことがあった

その時の句がこれ

柿の実に うつってみえる 夕日かな

なんとなく

窓の外の柿の木みてたら

その時ちょうど勉強してた枕草子の内容とリンクして

思いついた句でした

上位3位じゃないので

表彰はされなかったけど

記念品と

応募者の句が載ってる句集をもらいました

学生の頃は

俳句にも枕草子にも興味がなかったけど

今になって読んでみると

風情があるなあ、としみじみ思います

春はあけぼの

夏は夜

秋は夕暮れ

冬はつとめて(早朝)

忙しい現代人は

季節を楽しむことすら難しい

たまには古典に親しむのもいいですね