動物虐待する人多すぎる

f:id:fyou:20171127064525j:plain

f:id:fyou:20171127064530j:plain

車の中からパンを投げて気を引き、寄ってきた猫をエアガンで撃つという卑劣な事件が大阪市住之江区で発生しました。被害猫の飼い主がTwitterへ事件発生の瞬間の動画を投稿し、情報提供を呼び掛けたところ9万件以上拡散。加害者に対する非難の声が続々と上がっています。

 11月24日に投稿されたのは約30秒の動画。日産エクストレイルに乗った作業服姿の男性が民家にいた猫に近づき、パンのようなものを投げてから立ち去ります。興味を示した猫がパンに近づくと、再び車に乗った作業服の男性が現れ、今度は運転席から身を乗り出してエアガンの銃口を猫に向けます。状況が分からない猫はキョトンとした様子で車を見上げますが、男性は容赦なく弾を発射。驚いた猫はその場から飛び上がるように逃げていくという内容です。

 投稿主で被害に遭った猫の飼い主、ryuki(@suminoe42)さんをねとらぼ編集部が取材したところ、被害に遭ったのは4歳のオス猫、ひでき君。最近になって自宅の前にパンやBB弾の弾が落ちていることが何度かあり、設置してあった防犯カメラを確認したところ、事件が発覚したといいます。

 幸いひでき君にケガはなかったとのことですが、前述の通り何度もパンなどが散らばっていたことなどから、加害者は複数回に渡って犯行に及んでいる可能性があるとのこと。11月24日時点で警察に通報しており、防犯カメラの映像からナンバープレートなどの情報が共有されているそうです。

 今回の事件について、ryukiさんは「なぜこのような事をしたのか、この猫が飼い猫、野良の猫であっても許せないです」と怒りをあらわに。今後は徐々にひでき君を室内飼いに慣らしていくとしつつ「車内にパンとエアガンがあるということは、こういった動物虐待を他の場所でもやってるかもしれないですし、猫の次は人に矢印が向く前に厳重注意、または処罰を受けてほしいと心から願います」とコメントを寄せてくれました。

 今回の事件は動物の愛護及び管理に関する法律(通称:動物愛護法)の「愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者」に該当する可能性があり、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が科せられる可能性もあります。

画像提供:ryuki(@suminoe42)さん

(ねとらぼより)



何があるのか知らないけど

なんで弱い生き物いじめるんだよ

動物キライなら無視してりゃいいものを

わざわざおびきだしてまでいじめるか?

最近は家の敷地内にいても安心できないんだなあ

もしも家の猫いじめたら

同じ目にあわせてやるところだわ[emoji:B57]