こんなばあさんになりたい



老人介護なんていう仕事をしていると

自分の老後について

深~く考えてしまうことがある

施設の手のかかるじいさんばあさんを見ていると

こうはなりたくないよなあ

と、思ってしまったり


誰もそうなりたくてなってるわけではないだろうが

自分で自分をコントロールできなくなるのは

やっぱりイヤだ


この仕事を始めてから

よく読み返す本がある


f:id:fyou:20180309155216j:plain

田辺聖子の姥シリーズ


姥ざかり

姥ときめき

姥うかれ

姥勝手


この4作品で完結してます


主人公は76歳の歌子さん

戦後は頼りない夫を支えながら

船場の老舗呉服問屋を再興

3人の子供を育て上げ

頑張ってきた


息子が店を継いでからは

東神戸のマンションで

悠々自適の一人暮らし

書道の先生や株などの投資をする傍ら

英語教室や絵画教室に通い

海外旅行などにも行く


キレイなものや楽しいことが大好きで

宝塚の舞台を観るのが大好き

海の見える部屋で

ラベンダー色の絹の服を着て

北欧風の家具に囲まれて暮らしている


誠に羨ましい老後であるが

若い頃の苦労や努力で築きあげたもの

資産を活用し

算段して手に入れた生活だ

誰に文句を言われる筋合いもない


この歌子ばあさん

清く正しく美しく

をモットーに

しっかり自分の人生を生きている

友達もたくさんいて

昔の使用人なども歌子さんを慕って

引退後もちょくちょく訪ねてくる

歌子さんのまわりは365日賑やかで

人が自然に集まってくる


息子や嫁と言い合いになっても負けることはないし

思考が柔軟で進歩的

まさにスーパーばあさん



歌子さんのように生きることができて

誰に迷惑もかけず

コロッと逝くことができたら

最高の老後だろう


小説のようにはいかないにしても

心地よい老後を迎えたいとは誰もが思っていることだと思う



私などはまず経済力が真似できないし

歌子さんほど人間的魅力がないので

ひとりぼっちで暮らす可能性大(^_^;)


ま、孤独が好きなので

さほど苦にはならないとは思いますが


ホントはもっと前から考えるべきだったんでしょうが

50になってから

やっと具体的な老後を考えはじめた


どういう老後になるか

今はちょっと楽しみだったりします