遊びをせんとや生まれけむ

f:id:fyou:20180401125012j:plain

我が家の飼い猫

かわいいポンちゃん

とある1日

深夜1時

ポンちゃんに起こされる

「なんなの?」

ポンちゃんはみゃあみゃあ泣いて

私のおでこをトントンする

「お腹空いたの?」

「寒いの?」

「遊びたいの?」

結局わからないので

「寝るのよ」と声をかけて

寝る

その後

30分~1時間おきに起こされ

同様のやりとりが繰り返される

朝5時頃

やっと静かになったと思ったら

寝不足でボーッとしてる人間の横で

死んだように眠るポンちゃん

どうしてくれよう

この猫…

と、思いながらも寝姿のかわいさに負ける飼い主…

午前11時

いつの間にか起きてたポンちゃん

いらないお土産を持ってくる

だいたい

コオロギとかゴキブリとかの虫系

ネズミ、ヤモリなんかの小動物ですが

この日のお土産は

インパクト絶大だった

なんと

カラス(^_^;)

おそらく大人のカラスではないと思われるけど

よく捕れたなあ

午後2時

人間がテーブルに置いておいたクリームパンに歯形を残して

散歩にでかける

噛みついたけど食べてはいなかった

なんで歯形だけ残していくんだよ(^_^;)

この歯形つきパンをどうするか

散々悩んだが

火を通せば大丈夫かな?

1度オーブントースターで焼いてから食す

クリームが流れ出して

食べるのに苦労したわ

こんなポンちゃんを日々見ていると

これを思い浮かべてしまいます

平安時代後白河法皇が編んだ歌謡集

梁塵秘抄」の1部

遊びをせんとや生まれけむ

戯れせんとや生まれけん

遊ぶ子供の声きけば

我が身さえこそ動がるれ(ゆるがるれ)