忘れられない映画

今までいろんな映画を観てきましたが


ひとつだけ

観てから30年ほど経った今でも


はっきり脳裏に甦るほど

どぎつい印象を残してくれた映画がありました



「猛獣大脱走



f:id:fyou:20180519103819j:plain



1983年の映画ですが


確かジャッキー・チェンの映画を観に行ったとき

同時上映されてたんですよ


タイトルだけ見たら

脱走した動物が騒ぎを引き起こして…


って感じのコメディかな?

と、思ったんですが



まったく違いました



内容はまあ

動物園から脱走した動物たちが

あちこちで騒ぎを引き起こすんですが


コメディとはかけ離れた映画でした



最初にネタバレしちゃいますが

麻薬の一種が水道の1部に流れ込み

その水を飲んだ動物たちがトリップしてしまい

狂暴化します



動物園の職員を襲って脱走する猛獣たち


ライオンや虎に食い殺される人間

結構リアルな映像です



そして街では


夜の路上でカーセックスに励む男女

その車に水を飲んだどぶねずみがワラワラと集まってきて

カップルはねずみに食い殺されてしまいます



f:id:fyou:20180519103822j:plain


チーターに追われて車で逃げる女性

他の車やバイクを巻き込みながら逃げるも自爆



f:id:fyou:20180519103824j:plain



狂暴化したゾウの群れに囲まれた

車に乗ったカップル

男性は長いゾウの鼻に首を巻かれて締め殺され

女性は外に引きずり出され

踏み殺される


ゾウの群れはそのまま空港に強行突入

滑走路を歩くゾウを避けようとした飛行機が自爆


ゾウは草食でおとなしい動物のはずですが


麻薬とは恐ろしいもんですなあ




f:id:fyou:20180519103827j:plain



最後は子供たちがレッスンしているダンス教室にシロクマが乱入


ダンスの先生が食い殺されます


子供たちは用務員のおばさんに先導されて

なんとか二階の部屋に逃げ込みますが

子供たちも水を飲んで麻薬の影響をうけ

用務員のおばさんをみんなで殺してしまいます



f:id:fyou:20180519103830j:plain




という具合に

かなりエグいというか

グロいシーンで埋め尽くされた映画です



これはイタリア映画なんですが

なぜか舞台はアメリカ


はっきり言って映像も内容もB級

俳優も全然知らない人ばっかり


ただ監督の意図というか

映画のテーマみたいなものは、はっきり伝わります


殺戮シーンも

今なら絶対NGなぐらいグロい


そんな映画が

なんでこんなに脳裏に焼き付いているのか



これを映画館で観たとき

まだ高校生だった私には

かなりの衝撃だった


このあとジャッキー・チェンのコミカルなアクション映画が始まらなかったら

トラウマになったかもしれない


というぐらいグロい内容なのに


テレビで放映される度に観てしまう


まるで中毒患者のように



DVDもでてるらしいので

そのうち買ってしまうかも

(^_^;)