誤作動としかいえない

f:id:fyou:20180602104048j:plain


施設の年寄りが亡くなったときに起こったこと



①あるばあさまが入院中

ばあさまの使っていた目覚まし時計が夜中にいきなり鳴り出した


はて?

ばあさまは入院中でいないから

誰もセットする人なんていないし

鳴るはずないんだけど?



目覚ましを止めた



後日わかったのは

その日その時間にばあさまは病院で亡くなっていたということ




②あるばあさまが持っていた猫のぬいぐるみ

そばに行くと熱を感知して「にゃあ」と鳴く

非常にかわいいぬいぐるみ


ばあさまが亡くなった後も

そのまま施設に置いてみんなにかわいがられていたが


時々誰も近づいてないのに鳴くことがあった


そして

その後は必ず誰か体調不良になって入院

もしくは死亡



③誰か亡くなったときは

必ず職員の誰かが用事もないのに

無意識に霊安室に入ってしまう


もっともこれは更衣室の隣に霊安室があるという

構造的な問題が大きいかとは思いますが(^_^;)




④一番よくあるのが

亡くなった年寄りの部屋のナースコールが鳴る


これはホントによくある


1回で終わる場合もあれば

毎晩鳴ることもあるし


いろいろです




こんなことがある度に

やたらに怖い怖いと騒ぐヤツがいますが



すべて偶然、機械の誤作動で片付けられると思うんですが


実際誤作動としか言えないし(^_^;)



こんなことしょっちゅうあるから

いちいち怖がってたら仕事にならないし



もしもあの世に旅立つ前に立ち寄ってくれたのなら


静かにご冥福をお祈りしましょうよ



冥土の旅は長いだろうからねえ