忘れられない映画【グレイストーク、ターザンの伝説】

1983年に公開された映画


「グレイストーク、類人猿の王者、ターザンの伝説」




f:id:fyou:20180709153749j:plain


当事高校生だった私は

映画館で見ておりました


恥ずかしながら

この映画を見るまで

ターザンは小説があるということを知らずにいた私


原作小説に忠実に作られた映画というのに興味を持って

観に行きました



これがスゴ~くよかった



それまでのターザン映画って

筋骨隆々の肉体美の俳優がやってて

セクシー美女のジェーンを救う英雄

みたいな内容の

冒険活劇

娯楽映画としてはいいだろうけど

正直面白いと思ったことはなかった



でも

この映画は全然違った



ターザン役のクリストファー・ランバート

筋骨隆々というタイプではないが

野性味溢れる風貌は

まさにハマり役


ジェーンもそれまでのようなセクシー美女ではなく

とても優しそうな女性

文明社会にやってきたジョンを優しく見守っている




ターザンの本名はジョン・チャールズ・クレイトン


スコットランドの貴族グレイストーク伯爵の孫息子


ジョンの両親はアフリカ沖で海難事故にあい

ジャングルに打ち上げられる


母親はそこでジョンを産み落とすが

しばらくするとジョンを残し

両親共に死んでしまう


f:id:fyou:20180709153751j:plain


ジョンは子供を亡くしたばかりの雌猿に拾われ育てられる


やがて成長したジョンは類人猿たちの王者となる


f:id:fyou:20180709153754j:plain


そんな折

博物館に展示する動物標本を作るために探検隊がやってくるが

原住民に襲われ

ほぼ全滅


偶然生き残ったひとりはジョンに助けられ

ジョンがグレイストーク伯爵の孫であることに気付き

スコットランドに連れ帰る


文明社会に次第に馴染んでいくジョンだが

最後には生まれ育ったジャングルに帰る


という

ターザンの成長を描いた作品


最近DVDを購入した


高校生の頃は普通に感動してみていたが


この年になってから観ると

かなり切なさが残る映画だ



印象に残ったシーンがいくつかある



まず類人猿が非常に表情豊かに描かれている

人間より人間らしいと思ったぐらいだ



少年時代

育ての親である母猿を原住民に殺され

その原住民を素手でひねり殺すシーン



グレイストーク伯爵の邸の中で

かつてジャングルでしていたように

転げ回って戯れるジョン


人間であることを受け入れ

文明社会に馴染んではいくものの

窮屈さを感じているんだろうな~と思わせるシーンだ



そして

祖父である伯爵が亡くなり

悲しみに沈むジョンを慰めるために

かつて自分に文明社会のことを教え

伯爵のもとに連れてきてくれた探検隊のひとりがやってくる


自分の家族はいなくなってしまったと悲しむジョンに

自分も側にいるからと慰める探検隊員


その探検隊員に

「飼育係としてか?」と鋭い瞳で吐き捨てるジョン



ジャングルにも戻れず

人間にもなりきれないジョン

ありのままの自分を受け入れ、愛してくれた祖父を失い

物凄い孤独感を感じていたに違いない



それでも

同じようにありのままの自分を愛してくれるジェーンに支えられ前に進もうとするジョン


f:id:fyou:20180709153758j:plain



そんなジョンにとどめを刺すかのような事件が起こる



博物館の開館式に出席したジョン

ジャングルで育ったジョンには

動物の標本は痛々しいものでしかなかった


博物館を歩くうちに

ジョンは標本を作るための部屋に迷いこむ

その部屋には1頭の猿が捕らわれていた


それは

ジャングルで自分を育ててくれた父親だった


ジョンは父猿を檻からだして逃がすが

やってきた警官に父猿を射殺されてしまう


ジョンの悲しみようはそれまでの比ではなく

ついにジャングルに帰ることを決意する


育ての親を二人とも人間に殺されたジョンにとっては

人間として暮らすことを拒否するのは当然の結果だろう

おそらく不信感、孤独感は頂点に達していたに違いない



伯爵としてこの家を守れという声には耳も貸さない


ジョンにとっては地位も名誉も財産も

なんの意味もない



斯くしてジョンは生まれ故郷のジャングルに帰る



ジャングルで生き生きと動き回るジョンを見て

別れを悲しみながらも微笑みなから見守るジェーンと探検隊員の姿が印象的なラスト



何度観てもウルウルします