「死んだ女の子」が伝えたかったこと

扉をたたくのはあたし

あなたの胸にひびくでしょう

小さな声が聞こえるでしょ

あたしの姿は見えないの

 

10年前の夏の朝

あたしは広島で死んだ

そのまま6つの女の子

いつまでたっても6つなの

 

あたしの髪に火がついて

目と手が焼けてしまったの

あたしは冷たい灰になり

風で遠くへととび散った

 

あたしはなんにもいらないの

だれにもだいてもらえないの

紙切れのように燃えた子は

おいしいお菓子も食べられない

 

扉をたたくのはあたし

みんなが笑って暮らせるように

おいしいお菓子が食べられるように

扉をたたくのはあたし

あなたの胸にひびくでしょ

 

ナジム·ヒクメット作

訳   飯塚弘

「死んだ女の子」

 

 

 

この詩を読んだことのある人もいると思います

 

トルコの詩人ヒクメットが

広島の原爆投下を題材にした詩

 

終戦記念日の今日

この詩を知らない人にも読んでもらいたいと思って

記事にしてみました

 

多くは語りません

 

この詩の女の子が何を伝えたいのか

 

平和ということの意味を

 

国民ひとりひとりが

 

真剣に考えなくてはいけない時代がきている

 

魂の底からそう思います



f:id:fyou:20180815154702j:plain