私的ロック名鑑 ボン・ジョヴィ

長年ロックを聴き続けてきた中で

ひとつのバンドのファンでい続けることは難しいと

ずっと思っていました

 

途中で音楽の方向性が変わってしまったり

自分自身の好みが変わってしまったり

 

それで好きだったバンドから離れてしまうということは

よくあります

 

しかし

中にはデビュー当時からずっと好き

という稀有なケースもあるわけで

 

私にとっては

それがボン・ジョヴィでした

 

ボン・ジョヴィがデビューして30年あまりになりますが

変わらず好きです

 

懐かしのデビューアルバム

 


f:id:fyou:20180917095859j:image

 

ランナウェイがヒットして

日本にもやってきました

 

そして3枚目のSlippery   when   wet

 


f:id:fyou:20180917100532j:image

 

これで一気に大ブレイク

 

収録曲のLivin'   on   a    prayerは当初入れる予定ではなかったそうですが

アメリカでのライブで反応が良かったので入れたのだそうです

 

同様のことはそれまでにも行っていたようです

ライブでの反応をみて判断する

 

時々はゲリラライブなんかもやっていたようです

 

さすがにブレイクした後はやってないと思いますが

やったら大変なことになるだろうなあ……

 

ここまでは若さとパワー全開な感じが溢れてますが

4枚目のNewJerseyでちょっと落ち着いた感じになります

ちょっぴりブルージーな感じになってますね

 


f:id:fyou:20180917102340j:image

 

その後にだしたKeep the Face がスゴくいい

ちょうどグランジブームの真っ只中にリリースしたので

セールス的には振るわなかったようですが

アルバム自体はものすごくいいです

 

ちなみに私がボン・ジョヴィの中で名盤だと思うのは

 

この3枚

 


f:id:fyou:20180917103022j:image

 

Keep the face 

What about now 

最新作のThis house is not for sale 

 

What about now はデビュー当初のようなパワーはありませんが

円熟という言葉がぴったりな

じっくり聴けるアルバム

 

最新作は

リッチーが抜けて初めての本格的なアルバム

どんなもんかな~と思ってしばらく買わずにいたのですが

やっぱり買ってしまいました

 

あまり期待していなかったというと失礼でしょうが

その予想は見事に裏切られました

いい意味で

 

最初から最後まで前向きなパワーに彩られて 

やっぱりボン・ジョヴィだ! 

と嬉しくなりました

 

リッチーが脱退したときは本当につらかったらしく

歌うことができなかったとも聞いてますが

そこを乗り越えてこれだけの作品を作り上げた

やっぱりジョンはスゴい!

 

今でも交流はあるみたいだし

最終的にはまたリッチーに戻ってほしいと思ったりしますが

どうなりますかね?

 

さて

他の作品

 


f:id:fyou:20180917104721j:image

 

この辺はまあ

評価が別れるかもしれません

 

良く言えば王道ボン・ジョヴィサウンド

悪く言えばマンネリ

 

右下のBurning Bridges はリッチー脱退後にリリースした作品

これと右上のLost High way 

 

この2枚はかなり曲のバランスやらいろいろなアイデアがちりばめてあって

飽きずに楽しめます

 

ただ他も決してデキが悪いわけではありません

 

ボン・ジョヴィ作品は常に高レベル

駄作はありません

 

あとは個人の好みによりますね

 

多くの作品の中から好みの作品を選ぶのは

大変な感じがしますが

実はそうでもありません

 

だいたいはアルバムの核となる曲を1曲目に持ってくるので

1曲目を聴いて気に入れば

そのアルバムは気に入ると思っていいです

 

まあたまには違う時もありますが(^_^;)

 

ボン・ジョヴィには駄作はないと先ほど書きましたが

 

実はありました(^_^;)

 

セカンドアルバム

7800°Fahrenheit 

 


f:id:fyou:20180917110511j:image

 

これはボン・ジョヴィ唯一の黒歴史ではないかと(^_^;)

 

ファーストアルバムで見せた冴えはどこへやら

なんというか

多分ひとつひとつの曲、それ自体は悪くないと思う

ただアレンジがダサい

救いようがなくダサい……

 

時間がなかったのか予算がなかったのか

はたまた力みすぎたのか

 

理由はわかりませんが

 

どうしたの?と言いたくなる作品です……

 

それからこの2枚

 


f:id:fyou:20180917111123j:image

 

These days とCircle 

駄作ではありませんが

ちょっと残念な作品

曲自体はいいんですが

アルバム全体のバランスが悪い

決して質は悪くないんですけどね

 

 

ベストアルバム2枚

 


f:id:fyou:20180917111516j:image

 

そしてこれもベストアルバムですが

ちょっと毛色の違うベスト

 


f:id:fyou:20180917111649j:image

 

それまでの曲を

アレンジをガラリと変えて

全編アコースティックでシブイ感じに仕上げてます

元曲のイメージで聴くとがっかりするかもしれません

 

ついでにソロアルバム

 


f:id:fyou:20180917112026j:image

 

 

ジョンのソロアルバム2枚

ファーストソロアルバムのBlaze of Gloryは映画ヤングガンズ2のサントラ的な意味合いもある

 

ヤングガンズは観たことないし詳しくは知らないけど

聴いてると

こんな感じの映画かな?と映像が浮かんでくるような曲の数々

かなり泥臭いというか

普段のボン・ジョヴィ的な感じはまったくないです

男ジョン·ボン・ジョヴィという感じですね

 

左のDestination anywhere 

非常にシブイ

ジョンの円熟期に作ったからか

はっきり言ってボン・ジョヴィのアルバムよりいいんじゃないかと思ったぐらい良い

 

そしてリッチーのソロ

 


f:id:fyou:20180917130115j:image

 

左がファーストソロ

ブルースを基調とした

これもシブイ作品

ソロで聴くとやっぱりリッチーは歌うまいな

 

右は2枚目

これもファースト同様ブルース調ですが

ファーストよりラフで明るい感じ

私は2枚目のほうが好きです

 

最後に

私が好きな作品ベスト3

 


f:id:fyou:20180917130722j:image

 

運転してるときによく聴いてます

 

 

おまけ

 

ジョン·ボン・ジョヴィ

ビフォーアフター

 


f:id:fyou:20180917130910j:image

 

 

今ではちょっと頭髪がヤバそうな感じがしますが(^_^;)

 

いい年の取り方してますよね