ロック好きなら観てるかな?

だいぶ前の映画ですが

ご存知でしょうか?

 

ロック  オブ  エイジズとロックスター

 

ロック好きの方ならたいてい観てるんじゃないかと思うので

今回は映画じゃなくて

サントラのほうをメインに書こうと思います

 

まずはロック  オブ  エイジズ

 


f:id:fyou:20190203141236j:image

 

ブロードウェイミュージカルの映画版

 

トム・クルーズが出演してるのが話題になりました

80年代にヒットしたロックナンバーで構成されたミュージカルなので

ロック好きなら文句なく楽しめる作品

 

トム・クルーズの歌うデッド  オア  ア  ライブ


f:id:fyou:20190203141813j:image

 

トゥイスティッド  シスターズの曲で踊るキャサリン  ゼタ  ジョーンズ


f:id:fyou:20190203142037j:image

 

主役の二人は私よく知らないんですが

 

二人とも歌上手いです


f:id:fyou:20190203142310j:image

まあ作品がミュージカルですから

下手だったら起用されないでしょうけどね

 

さて本題のサントラCDです

映画がとても楽しめたので

サントラも購入しました


f:id:fyou:20190203142522j:image

 

映画で使用した曲を

出演者が歌っとります

収録曲はこれです


f:id:fyou:20190203142740j:image

 

出演した皆さんは全員歌唱力抜群なので

金返せ、ということにはなりません

むしろ新鮮

 

同じ曲でもシンガーが違うと

印象がまったく違う

 

キャサリン  ゼタ  ジョーンズの声が以外と太いのでちょっと驚きましたが…

 

曲はすべてオリジナルに忠実な演奏ですが

ほんの少しミュージカル風にアレンジされてます

サントラなので映画の雰囲気を大事にしたんでしょうね

 

何よりトム・クルーズの歌うパラダイス.シティは絶品

最初聴いたときはアクセル  ローズが歌ってるのかと思いましたがな

日本盤もでてますので

興味のあるかたはどうぞ

 


tom crusie paradise city - YouTube

 

 

 

 

 

 

もう1つの映画、ロックスターにいきます

 


f:id:fyou:20190203144405j:image

 

こちらはジューダスプリーストからロブ  ハルフォードが脱退したとき

後任ボーカルに抜擢されたティム  リッパー  オーウェンズの自伝として作られる予定だった作品

 

最初はメタルゴッドというタイトルで作られる予定でしたが

メタルゴッドはロブ  ハルフォードの商標登録なため使用不可

ということで

この映画はティム  リッパー  オーウェンズともジューダスプリーストとも無関係ということになって作られました

 

映画の内容も

 

ロックバンド、スティールドラゴンの熱狂的ファンで

ティールドラゴンのトリビュートバンドでボーカルをつとめる主人公が

 

ティールドラゴンのボーカル脱退で

主人公がバンドのボーカルに抜擢される

というところはティムと同じですが

それ以降はまったくの創作でしょう

 

内容自体もロック  オブ  エイジズのほうは洗練された印象なのに比べ

B級っぽいというか泥臭いというか

 

ただやっぱり

こちらも80年代のロックナンバーがふんだんに盛り込まれてるので

ロック好きはかなりテンション上がります

 

さてこちらのサントラですが


f:id:fyou:20190203150228j:image

 

曲目はこんな感じ


f:id:fyou:20190203150309j:image

 

特に出演者が歌ってるわけではないので

ティールドラゴンの曲以外は

本家本元のオリジナルナンバーが収録されてます

 

ある意味

サントラじゃなくてオムニバス?

と思うような感じのCDです

 

これなら全曲スティールドラゴンでもよかったんでは?

と思ってしまいました

 

そうそう

ティールドラゴンはLAメタルっぽい感じで

これがなかなかいい

実在するバンドだったら絶対買ってますね

 

このスティールドラゴンのメンバーが本物のミュージシャンで構成されてるのが

この映画の売りでもある

 

ティールドラゴンのメンバー


f:id:fyou:20190203151042j:image

 

ザック  ワイルド、ジェイソン  ボーナム、ジェフ  ピルソンと

そうそうたるメンバー

 

主人公とバンドのリーダー役は俳優さん

ボーカルの吹き替えは

初代ボーカルはジェフ  スコット  ソート

2代目ボーカルの主人公はスティールハートのマイク  マティアビッチが担当してます

 

そしてサントラもこのメンバーで収録してます

 

このバンド、ツインギターの様式になってるので

ザックの他のギターは誰が?

と思って見たら


f:id:fyou:20190203151935j:image

 

元ブラックレーベルソサイエティのニック   カタニースでした

 

ティールドラゴンの曲は全6曲

そのうち3曲をジェフ  スコット  ソート

もう3曲をマイク  マティアビッチが歌ってます

 

ちょっと残念だったのは

Stand up という曲をジェフ  スコット  ソートが歌ってたこと

 

この曲

映画の中では結構重要な役割の曲

マイク  マティアビッチに歌ってほしかった

 

ジェフ  スコット  ソートが悪いというわけではないんですが

個人的には

マイク  マティアビッチの透き通るようなハイトーンボイスで歌ってほしかったな

 

でもこのサントラだけのバンドとは思えないぐらい

ティールドラゴンの曲はいい

 

これは日本盤ないので輸入盤だけですが

興味あったら聴いてみてください

YouTubeにもありますので

 

 

あとこれは最近知ったんですが

映画の最後のほうに

マイルズ  ケネディがロックキッズとしてちょこっと出演してます

 

最近まで気がつきませんでした(^_^;)

何かのレビューで初めて知りました

このシーンですね

 


Steel Dragon stand up and shout - YouTube

 

最前列でノリノリで歌ってて

あまりに上手いのでステージに上げられ

主人公と一緒に歌ってるのがマイルズ

 

マイルズは自分で歌ってるみたいですね

さすがに上手い

 

私的にはロック  オブ  エイジズよりこっちのほうが楽しめました

 

個人個人で好みはあると思いますが

メタル好きならこっちのほうが断然楽しめると思います