忘れられない映画 ダイノトピア

もう10年以上前のことだと思いますが

テレビで2時限枠でやっていた外国映画

 

今頃になって

面白かったな~と思いだし

また観てみたいと思った

 

しかし

タイトルも覚えてなければ

出演していた役者の名前もわからない

 

覚えているのは内容だけ

その内容も全部はっきり覚えているというわけではない

ただ面白かったことだけは覚えている

 

多分内容的にはファンタジーとかアドベンチャーとか

そんなジャンルになるんじゃないかと思って

ネットで調べてみた

 

けど、これがまた見つからない

 

探しても探してもそれらしき映画は見つからず

諦めかけた頃

以外なところから見つかった

 


f:id:fyou:20190616094425j:image

 

この絵本

ジェームズ  ガーニーの名作らしいですが

これが原作の映画でした

タイトルはダイノトピア

 

正確には映画じゃなくて

外国のテレビドラマだったようです

どうりで映画で探してもわからなかったわけだ

 

私がテレビで観たのはダイジェスト版か何かだったみたいです

 

早速DVDがないか探してみましたらば

ありました

さすがAmazon

 


f:id:fyou:20190616095311j:image

 

第一章   地図にない島

第二章   太陽の石

第三章   地下世界への扉

 

各84分だから

全部で4時間ちょっと

 

3枚セットで5円(^_^;)

 

届いたときは不織布ケースに入れられてたので

自分でケース購入しました

 


f:id:fyou:20190616095332j:image

 

嵐に巻き込まれて見知らぬ島へ流れついた兄弟カールとデヴィッド

そこは恐竜と人間が共存する王国ダイノトピアだった

信じられない光景に驚く二人だったが

美しい娘マリオンや人間の言葉を話す恐竜ジッポらに出会い

王国の生活に馴染んでいく

一方その頃

ダイノトピアを照らし続ける命の太陽石サンストーンの力が衰え始めた

闇の勢力が力を増し

獰猛な肉食恐竜たちが街を荒らし

王国は崩壊の危機を迎える

そんな中、ダイノトピアを救うため

カールとデヴィッドが立ち上がる

 

DVDのジャケット裏に書いてあるあらすじです

 

ジュラシックパークみたいなパニック映画的な要素はほとんどない

 

人間のバスとなり動くブラキオザウルス

人間と一緒に農耕する恐竜たち

刈り入れが終わると

大地の声、恐竜の声に耳を傾ける人間

親を失った恐竜の卵を養う人間

日々自然の恵みに感謝し

恐竜たちと共に暮らす

 


f:id:fyou:20190616102251j:image

カールとデヴィッドの兄弟

 


f:id:fyou:20190616102311j:image

カールと図書館の司書ジッポ

 


f:id:fyou:20190616102333j:image

農耕する恐竜たち

 

 

正直子供の情操教育にはすごくいいんじゃないかと思った

 

自然と共存することを忘れてしまった現代人には無理だろうけど

 

こんな生活できたら理想だよな~

 

私的にはとっても癒される作品でした