ロックの名曲が聴ける映画

問答無用でロック好きをエキサイトさせる映画が世の中にはある

この私が音楽もストーリーも両方楽しめた2本の映画

どちらも2000年代初頭に公開された映画である

 

まず一本目

 

スクール・オブ・ロック

 


f:id:fyou:20190719184701j:image

 

ロックをこよなく愛するデューイ

デブでサエナイオッサンになりつつあるが

プロになることを夢見てバンド活動をしていた

しかしバンドをクビになってしまった

活動の場を失い金もない

思いあまったデューイは

親友のネッドに来た仕事をネッドになりすまして受ける

仕事は学校の教師

当然教師の経験などないが

金欲しさにお堅い教育方針の学校で教師として勤務

学校の勉強など教えられないデューイはあることを思い付く

厳格な規律でがんじがらめの子供たち

その子供たちにロックを教え込んでバンドバトルに出場する

ロックを続けられるし

バトルで優勝できれば一石二鳥!

とばかりに

子供たちにロックを教え込む

子供たちのロックの才能に気付いたデューイは

子供たちの才能を引き出しながら絆を作っていく

しかしある日ネッドではないことがバレてしまい

当然教師はクビに

子供の親たちは騒ぎたて

バンドバトルどころではなくなってしまった

ネッドとその彼女からも責められ

いいかげん目を覚まして!

いつまでロックにうつつを抜かしてるの!

と罵倒される

しかしデューイは

「俺に才能がないことはわかってる。でもロックは俺の命なんだ!」と叫ぶ

デューイはその足で子供たちに謝りに行く

しかし子供たちはロックを通してのデューイとの絆があった

デューイを責めるどころか

逆にデューイを励まして

親や教師の監視をくぐり抜け

バンドバトルに出場

その演奏を聴いて

観客も追いかけてきた親たちも大フィーバー

結果

優勝は以前のバンドの仲間たちにさらわれてしまうが

子供たちのバンドはあちこちからオファーが来るようになった

 

簡単にあらすじ書くつもりが

エライ長くなってしまった(^_^;)

 

肝心の曲ですが

 

 

Fight (No Vacancy )

Do you  remember  Rock and Roll Radio (Kiss )

Sunshine  of  your  love (Cream )

Back  in  Black (AC/DC )

Bonzo goes  to Bitburg(Ramones)

The  Wait (Metallica)

Immigrant  song (Led Zeppelin )

Edge of Seventeen (Stevie Nicks)

Moonage  Daydream (David  Bowie )

 

等々

 

映画の間、目を瞑ってても楽しめるという

実に素晴らしい映画です(笑)

 

主人公のデューイはサエナイオッサンだけど

いいところがたくさんあります

自分がプロになれる程の人間ではないことは気付いてる

でもロックを愛する心は誰より強い

子供たちにも偉そうにすることなくロックを教え込み

子供たちの才能を素直に認め、褒め称えます

 

これ当たり前のように書いてますけど

現実には難しいんじゃないでしょうか?

 

子供たちのほうが才能あると思ったとたん

嫉妬だの無駄なプライドだのが出てきて

無条件で褒めることはできなくなるんじゃないかな?

 

でもデューイは褒めます

子供たちを1人の人間としてしっかり向き合い

才能を引き出し伸ばしていき、一緒に成長していきます

 

最近の虐待する親なんかには

爪の垢煎じて飲ませてやりたいですね

 

 

バンドバトルのシーンでは半ズボン姿で

アンガス・ヤングモドキというか

やんちゃなオッサンという感じ(笑)

 

「ロックは俺の命なんだ!」と叫ぶデューイは

 

最高です!

 

これは予告版

 


スクールオブロック School Of Rock 2003 - YouTube



お次はこれ


f:id:fyou:20190719194917j:image

 

ヒース・レジャー主演のロックユー

 

中世のヨーロッパが舞台なんですが

ロックのリズムに乗って物語が進行します

 

14世紀のイギリス、フランス

貴族しか参加できない騎乗槍の試合に

平民のウィリアムは貴族と偽り出場して優勝する

各地で行われる試合に出場し

優勝しまくるウィリアム

仲間にも恵まれ

美しい女性にも出会い

順調にいっているかに見えたが

ある日平民だとバレてしまい

死刑になることに

ライバルになっていた貴族の男性が

ウィリアムが父親に会いに行ったところを見てしまったのだ

しかし

刑が執行される直前

死刑になるとわかっていても試合場にやってきたウィリアムの男気に心打たれ

死刑は中止

ウィリアムは貴族の称号を授けられる

 

これ

内容的にはものすごく良いってこともないんですよ

ただエンターテイメントとしては最高だと思います

主人公はカッコいい

王道とも言える最高のハッピーエンド

映像も美しい

 

中世ヨーロッパ舞台なのにピタリとハマるロックのリズム

 

もうね

スカッとするってのはこういうことなんだなって感じです

 

で、曲ですが

ちょっと疲れてきたので

サントラの曲目貼ります

すみません(^_^;)
f:id:fyou:20190719201028j:image

 

クイーンの名曲に乗って試合をするシーンは圧巻でした

 


We will rock you (Queen-Freddy Mercury), Il Destino di un Cavaliere (Heath Ledger). - YouTube