80'売れたけど散々バカにされた2バンド

ハードロック、ヘヴィメタルの黄金期には

いろんなバンドが脚光を浴びました

 

その中にはタイトルの通り

バカにされまくったバンドもいたわけです

 

その代表的なバンドがこの2つでした


f:id:fyou:20191214082957j:image

 

ポイズンとウォレントです

 

この2バンド

一緒にライブツアーをやったことがありました

ポイズンがヘッドライナー

ウォレントがオープニングアクトでございました

 

ポイズンもウォレントもデビュー当時からアイドル視され

コアなメタルファンからは下手くそだのニセモノなど

散々罵倒されまくりました

 

どっちもブロンドのイケメンボーカルを擁し

ポップで耳馴染みの良い音楽性

 

こういったバンドはアイドル視される傾向にある

 

からしてみたら

何を基準にニセモノと断ずるのか?と思います

 

まあメタリカとかジューダス・プリーストとかモーターヘッドとか

男臭さ全開のバンドから見ると

お遊びみたいに見えるのかもしれない

 

さて

個別に見てみましょうか

 

まずポイズン

 

こちらのバンドはバカにされても

まあしょうがないと思えるものはある

なぜか

 

下手なのである

 

演奏が

救いようもないくらい下手だった

 

写真のCDはデビューアルバムですが

初めて聴いたときは

なんじゃこりゃ?だった

 

下手なのである

これはライブアルバムではなく

スタジオアルバム

 

スタジオアルバムなら何度でも録り直せるはずなのに

なんでこんなに下手なんだ?(^_^;)

 

ギターはズコズコ走るわドラムはスカスカだわ

聴いてるこっちが恥ずかしくなるレベルである

 

こんなんでよくメジャーデビューできたな

と思ったのは否めない

 

しかし

楽曲は非常に良い

ポップではあるが

メロディラインのセンスの良さは抜群

ノリも抜群のロックンロール

さあ楽しもうぜ!

という問答無用のパーティーロックは

聴くものを元気にしてくれる

 

私はポイズンが大好きだった

 

またパーティーロックの中にもブルージーな要素もちょくちょく取り入れられていて

結構楽曲のバリエーションも豊富

 

後にギタリストにリッチー・コッツェンを迎え入れたところを見ると

ブルース好きなのかもしれない

 

これはデビューアルバムで一番好きな曲

 


YouTube

 

こちらはセカンドアルバム

Open up and Sey Ahh·····

で一番好きな曲

 


YouTube

 

このバンドが全米2位まで行った

 

今でも活動を続けている

 

 

お次はウォレント

 

こちらは演奏はしっかりしている

 

ポップで耳馴染みの良い音楽性と

日本のアイドル歌手のように

フロントの3人が同じ振り付け?で見せるステージパフォーマンスが罵倒の対象となった

 

私から見ると

ステージパフォーマンスはバンドのエンターテイメント性の現れであって

観客が楽しんでいるのならいいのではないかと思うが

 

まあ人それぞれ価値観は違うということだ

 

所詮万人を満足させることなどできないのだ

 

写真のCDは彼らのセカンドアルバムである

このアルバムは全米7位までいった

 

それはこの曲のおかげである

 


YouTube

 

このチェリーパイという曲

初めはアルバム収録される予定ではなかったそうだ

アルバムタイトルも全然違ったらしい

出来上がった作品をレーベルに提出したところ

社長から「うーん、ロックアンセムがほしいな。エアロスミスのLove in an elevator みたいなやつ」と言われてしまった

社長に言われたんじゃ仕方ない

ということで、たった15分で適当に書き上げたのがチェリーパイだった

 

ところがこれが大ヒット

いつの間にかウォレント=チェリーパイというイメージが出来上がってしまった

 

バンドとしてはさぞ不本意であろう

 

しかしそのおかげで有名バンドとなったのだ

 

ウォレントの楽曲は

耳馴染みはいいが

実際はちゃんとハードロックである

 

ちゃんと、というのもおかしいかもしれないが

ビジュアルイメージとポップさに惑わされていると

本来のウォレントの良さを見失ってしまうだろう

彼らの作り出すハードロックは非常に良質

3枚目以降のアルバムなど

むしろポップさが減少しハードさが増している

 

そういえば

チェリーパイに収録されている曲で

Uncle Toms Cabin という曲があるが

当時のウォレントとしては結構異色な曲

 

さあ、これからアンクルトムのお話が始まるよ

みたいな感じで始まるこの曲

正直チェリーパイよりも好きなんですよね


YouTube

 

ウォレントはボーカルのジェイニーレインが亡くなっていますが

別のシンガーと共に現在も活動を続けているようです

 

この本読んでたら

懐かしくなりました


f:id:fyou:20191214094755j:image