中止になるかと思ったがならなかった

家の近くの美術館で大々的に宣伝してたミュシャ

こんな時だから中止になるかと思って様子を見ていたが

しっかりやってた

まあミュシャとなると美術館も相当な時間と手間と金をかけて準備してただろうし

こんな時でも観客動員できると踏んだから決行したんだろうな

(4/20~5/11まで臨時休館になってます)

なので早速行ってきた

 

私はコロナに感染して死んでも悔いはないので

自分の人生充分生きてきましたからね

 

ただ

エチケットとしてマスクはして

会場前で消毒

 

自分はともかく

他の人に迷惑かけたら申し訳ないですからね

 

観客もかなり少なめ

みんな適度な距離を保って回っていました

 

会場は第一会場と第二会場に別れていた


f:id:fyou:20200419084358j:image

 

作品はすべて撮影OK

 

第一会場は主に活躍し始めた時期のポスターとかが

第二会場ではその他の絵葉書や本の挿し絵なんかの幅広く活躍した作品

後年のスラブ叙情詩の一部とかが展示されてました

 

ミュシャは若い頃は芸術に対する情熱はあっても

なかなか環境に恵まれず

絵の勉強に打ち込めなかった


f:id:fyou:20200419090434j:image

(ミュシャ写真   Wikipediaより)

 

 

しかしクーエン  ベラシ伯爵がミュシャの才能を認め

ミュシャパトロンとなってからミュシャの人生は一変する

 

心おきなく絵に打ち込めるようになったミュシャ

しかしある日伯爵はミュシャへの援助を打ち切ってしまう

 

その後

当時のスター女優であったサラ  ベルナールの舞台ポスターを引き受けてから

ミュシャの環境は激変した


f:id:fyou:20200419091230j:image

(ジスモンダ  ポスター)

 

 

ミュシャの人気は高まり

活躍の場を広げていった

 


f:id:fyou:20200419091749j:image


f:id:fyou:20200419091814j:image


f:id:fyou:20200419091914j:image
f:id:fyou:20200419091949j:image

 

本も今とは違って豪華な装丁

画像だと分かりづらいかな?(^_^;)

今だとどのくらいの価値があるんだろ?


f:id:fyou:20200419092152j:image


f:id:fyou:20200419092227j:image

 

郵便切手やレストランのメニュー、絵葉書

銀行の有価証券まであったのは驚いた


f:id:fyou:20200419092426j:image


f:id:fyou:20200419092454j:image


f:id:fyou:20200419092530j:image


f:id:fyou:20200419092549j:image

 

お菓子のパッケージや香水瓶、お皿


f:id:fyou:20200419092655j:image


f:id:fyou:20200419092722j:image


f:id:fyou:20200419092742j:image

 

ホントに幅広く活躍してたんだと驚愕

 

売店で図録と絵葉書を購入


f:id:fyou:20200419093041j:image


f:id:fyou:20200419093100j:image

 

ホントはポスターが欲しかったんですが

好きな絵がなかったので

絵葉書にしました

 

帰りは桜並木通って帰りました

もはや葉桜になりかけてたけど

それはそれでキレイだったし

ヨシとしよう


f:id:fyou:20200419093406j:image
f:id:fyou:20200419093428j:image

コロナはいつ終息するかわからない

一時の安らぎでした