懐かしい

1980年代後半

アメリカでティーンエイジャーがやたらフィーチャーされた時期があった

それだけ将来有望な人材が多かったのかもしれないが

ティーンエイジャーブームは結構あっという間に終わった

 

で、そのブームの先駆けとなったのが

デビー  ギブソンティファニーだった

 

デビー  ギブソンは曲作りができるのが売り

ティファニーは歌唱力が売りだった

 

今考えると

デビーは確かに曲作りをしていた

ただ、そんなにもてはやされるような曲作りのセンスがあったのかというと

ちょっと疑問が·····

まあ私はポップミュージックはほとんど聴かないので

いいとも悪いとも判断がつきかねますが

私の印象のみ言わせていただきますと

飛び抜けていいとは思わなかった

 

そしてティファニー

確かに歌唱力は抜群である

でもそれだけ

どうしてもホイットニー・ヒューストンマライア・キャリーと比べてしまう自分がいた

 

二人ともわりとすぐ人気が衰え

ティーンエイジャーブームも終わりを告げた

 

ちょっとこきおろすような書き方になってしまったが

実は私ティファニーは結構好きだった

 

ファーストアルバムは初登場で全米1位をとり

当時注目度は一番高かった

しかし周りの大人たちが悪かったようだ

ティファニー自身は歌手になりたいとずっと思っていて

スカウトされてシンガーとしてデビューした

そこまではいい

しかし親の思惑やら

プロダクション側がティファニーの収益のほとんどを懐に入れるとか

そういったことが彼女の人気に影を落とした

 

まだ15か16の小娘に

音楽業界のいろいろなこと

契約とか収益とか

そういったことの知識があったとは思えない

通常ならそういうことをサポートするのは

親なりマネジメントなり大人の役目である

 

ただ歌手になることを夢みた少女とろくでもない大人

悲劇としか言いようがない

 

清潔なイメージが大切なティーンエイジャーには

この大人たちとの確執が致命的なスキャンダルとなり

マイナスイメージが払拭されることはなかった

 

先日CDの整理をしていて

ティファニーのセカンドアルバムを久しぶりに手にとった

 


f:id:fyou:20200831170545j:image

 

あまり高く評価されなかったが

私はこれが一番好きだったので

これだけは残しておいた

 

この中のRadio Romance という曲は

日本のCMに使われ

ティファニー本人も出演している

 


https://youtu.be/mz7UHi5EpnU 

 


https://youtu.be/uvuV4uxM0MA

 

聴いてもらえばわかると思いますが

アイドル全開な曲です(笑)

 

懐かしくてつい聴きこんでしまいました

 

彼女の母親はカントリーの歌手にさせたかったらしいですが

私も彼女の声はカントリーのほうが向いてるような気がします

 

このアルバムの中で一番好きな曲

 


https://youtu.be/8PcYnhDRdA4

 

あのまま活躍してたら

今頃大物歌手になってたかもしれないけど

もったいないですね