映画になったら面白そうだな~と思った小説

いつもホラーの話ばかりで芸がないとは思いますが

やっぱり好きなジャンルに行ってしまうのは仕方がない

 

と、開き直って

 

今回は小説のお話

 

タイトルは「クレイヴァリング教授の新発見」

 

作者はパトリシア  ハイスミス

 

かの有名な「太陽がいっぱい」の原作者ですね

 


f:id:fyou:20201007180615j:image

 

これは初期の頃の短編集

この中のひとつにあった話です

 

クレイヴァリング教授はある島に棲んでいると言われている巨大な人食いかたつむりを探しに出かけます

 

自分の研究のために

 

準備万端整えて船で島に向かいます

 

島に到着すると教授は噂の巨大なかたつむりを見つけ

嬉々として眺めたり写真をとったり

たかがノロマなかたつむりと侮って観察していた

 

しかしこのかたつむり

移動するスピードは結構早いし

教授よりかなりデカイ

木が生えてたって岩場だって海の中だっておかまいなしで追いかけてくる

 

さすがにマズイと思った教授

船に戻って逃げようとするが

船が見当たらない

 

気がつくともう一匹巨大かたつむりがいて

そいつが船を繋いでいる縄を噛みきっていた

 

かたつむりに挟み撃ちにされ

船は海の上

泳いで行けなくもないが

海の中でかたつむりに襲われたら逆に危険と思い

なんとか陸地で避難できそうな場所を探す

 

窮地を逃れてみたものの

疲労と空腹で力尽き

最後はかたつむりに食われてしまいます

 

ホラー映画にしたらすごい面白い作品になりそうだな~と思いました

 

何かに襲われるっていうホラーはよくありますが

かたつむりってあまりないし

 

っていうか見たことない

 

映画化はされてないと思うんですが

多分(^_^;)

 

ハイスミス自身もかたつむりの観察をしているそうで

だからこそ書けた作品でしょうね

 

かたつむりの生態とか

結構詳しく書いてます

 

この短編集はかたつむりだけじゃなくて

変わった視点のミステリーで構成されてて結構新鮮

 

デビュー作も入った初期の作品集です

 

興味ある方は読んでみてください