立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花

f:id:fyou:20170702085018j:plain

今週のお題はテスト?

テストと聞いて

学生時代の思い出がフラッシュバックしました

高校時代のテストで

記憶に残っていることが2つ

1つめは数学のテスト

私は数学が苦手で

いつもテストになると

36点36点、と自分に言い聞かせていた(35点以下は赤点だったので)

いつも50点前後はとれていたんですが

高校2年、1学期の中間テストで

ついにやらかしてしまいました

テストが始まり

問題を解こうとしたけど

さっぱりわからない

1問だけ解けそうな問題があったので

数式を書いていったんですが

結局途中でわからなくなってやめた

「こりゃあ0点だな…」と諦めて寝てました

しかし

その後返ってきた答案は

なぜか

1点

最初0点と書きかけてあるのが消されて

1点に書き直されてました

0点ではあんまりだと思ったんでしょうか?

でもはっきり言って

1点て…

0点より恥ずかしいんですが(^_^;)

そして2つめ

これは現国の小テストだった

ことわざで

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花

ってありますよね?

これはどういう意味か?って問題でした

一般的に言えば美人を表す言葉ですが

私は

そんな当たり前のことをテスト問題にするはずがない!

と、思い込み

「漢方によって、健康で美しい姿になること」と書いた

すると不正解になって返ってきた(当たり前ですが)

納得できなかった私は現国教師に

このことわざは、江戸時代の天明年間のことわざ辞典『譬喩尽=たとえづくし』に記載されていて

、解釈が3つある

1番目は、和服の女性の姿の美しさを讃えたもの

2番目は、芍薬は立って上から、牡丹は座りながら横から、百合の花は歩きながら観賞するのが、最も美しく見えるという花の見方について

3番目は、芍薬や百合(漢方薬)を服用することで、健康的な美人になるとのたとえ

ことわざ辞典まで差し出して

不正解なのはおかしい!

と主張した

その結果

正解になりました

今思えば

教師には

めんどくさいヤツ、と思われてただろうな…