本と映画と音楽の日々

主に好きな映画や本のことを書いてます。日常のこともダラダラ書いてたりします。気が向いたらお立ち寄りください。

胸糞悪いにもいろいろあるが

胸糞悪い映画っていろいろあります

グロ映像多いホラーとか

救いが見当たらない心理ホラーとか

実際にあった事件を題材にしたものとか

だいたいはホラーとかミステリーとかを思い浮かべると思う

でも今回はまったく違うジャンルの映画を上げます

 

まずは「アイ・アム・サム

 

知的障害を持つ父親と娘の物語

これのどこが胸糞悪い?

と思う人多いと思います

 

知的障害で7歳の知能のサム

娘の母親である女性に逃げられ

1人で娘を育てることに

娘はルーシーと名付けられ

周りの人たちに助けられながらスクスク育っていった

ルーシーが7歳になったとき

家庭訪問にきたソーシャルワーカーによって

養育能力なしとみなされルーシーと引き離されてしまう

ルーシーは里親の元で元気に暮らしているが

またルーシーと暮らしたいサムは弁護士を頼み

裁判に挑むが・・・・・

 

この内容でとにかく胸糞悪かったのは

裁判のシーン

とにかくサムに対する偏見と差別

最初からサムは親には不適格という路線で進められていく

サムの主張やサムと暮らしたいというルーシーの願いなどまったく無視

裁判の後で別れたくないと抱き合うサムとルーシーを無理やり引き剥がすシーンは

ほんっとに胸糞悪かった

 

確かにルーシーがもっと成長すれば考え方も変わると思う

里親に育てられて結果的には良かったということになるかもしれない

でもこれだけ愛し合ってる親子を無理やり引き離すのはどうなのか

逆にルーシーの心に傷を残すかもしれないのに

 

この映画で唯一ほっこりしたのは

ルーシーがサムを大好きなのが伝わってくること

サムに向かって

「私はラッキーよ。他のパパは遊んでくれないもの」と言うルーシー

親子の絆に知能は関係ありません

ラストはえ⁉️ここで終わり?という感じでスッキリはしないが

これが一番おさまりの良いラストだな

と思いました

 


映画「アイ・アム・サム」日本版劇場予告2 - YouTube

 

次は「チョコレート・ドーナツ」

 

歌手を目指しているショーダンサーのルディと弁護士のポールはゲイカップル

母親に見捨てられたダウン症の少年マルコと出会った二人は彼を保護し 

一緒に暮らすうちに家族のような愛情が芽生えていく

しかし、ルディとポールがゲイカップルだということで法律と世間の偏見に阻まれ、マルコと引き離されてしまう

 

マルコはまた母親と暮らすようになるが

結局母親はマルコのことは放ったらかし

マルコは脱走を試みて

ルディとポールのもとにたどり着けず

命を落とす

その報告を受けたとき

裁判官はどう思っただろうか?

偏見や差別はいつの時代にもあるものだが

ほんっとに胸糞悪い

ゲイの何が悪いんだよ

個人の好みの問題で誰にも迷惑かけてないだろうが

と私は思いますけどね

ルディの元にいればマルコは死なずに済んだだろうに

と思うと

法律ってなんなんだろうなと思ってしまいます

 


映画『チョコレートドーナツ』予告編 - YouTube

 

 

最後は「ロード・オブ・カオス」

 

ノルウェーブラックメタルのバンド「メイヘム」の中心的人物だったユーロニモスが殺されたという

実際の事件を題材にした映画

メイヘムは現在も活動しているバンドで

私はブラックメタルは特別好きではなかったので

聴いたことはない

メイヘムというバンドがあるのは知ってましたが

 

ノンフィクション「ロード・オブ・カオス ブラック・メタルの血塗られた歴史」が原作らしいです

 

中心メンバーだったユーロニモスを主人公に

サタニズムを標榜し

過激な行動がエスカレートして次第に制御不能に陥っていく若者たち

その果てに殺されたユーロニモス

 

これはそのまま胸糞悪い事件だなあ

と思った

 

ブラックメタル悪魔崇拝を歌っているバンドがほとんど

なのでホントにサタニズムに傾倒していると勘違いしてる人もいるかもしれない

そういうバンドもいるのかもしれないが

ほとんどはパフォーマンスとしてやっているのである

どこまでサタニズムを演出できるか

ブラックメタルのすべてが悪魔崇拝を歌っているわけではない

過激なパフォーマンスでファンをとりこむには

手っ取り早い方法だったのかもしれないとも思う

わかりやすい例をあげれば

日本の聖飢魔IIを思い浮かべていただければと思う

聖飢魔IIも「自分たちは悪魔だ」と言って活動している

でもそれは明らかに真実ではなく

バンドを売り出すための方法だと誰が見てもわかる

悪魔崇拝しているわけでもない

デーモン閣下はかわいいもんである

 

この映画もどこまでが真実なのかわからないが

ユーロニモスは利口な人物だったのだとわかる

バカをやっているだけではバンドとして成り立たないとわかっていた

だからこそメジャーデビューできたし

バンドを引っ張っていくこともできた

つまらない対抗心で命を奪われてしまったのは

本当に残念なことだと思う

 


映画『ロード・オブ・カオス』予告編 - YouTube

 

コロナ陽性になりました

とうとう私のところにもコロナの波がやって参りました

 

いつ来るかいつ来るかと思っておりましたが

ついに到来

 

陽性を確認したのは11/3のこと

朝から

というか

実は前日の夜から

やたら鼻水が出るな~と思ってました

でも花粉症の私は秋冬でもくしゃみと鼻水の波が来ることがあるので

あまり気にしてませんでした

 

しかし仕事してるうちに

喉の痛みがやってきた

時間が経つにつれ

痛みはどんどん酷くなり

それに伴って倦怠感がやってきた

 

なんかヤバいかも

と思って職場の看護さんに相談してみると

「それヤバいよ」と一言

その看護さんが陽性になったときも

まさにそんな感じだったと言う

 

このまま仕事して蔓延させたらまずいと思い

上司に相談

すぐ「帰っていいよ」とのお言葉

帰り際に職場の抗原検査キットを2つ持たせてくれた

職場にいるときは熱なかったけど

帰宅した途端に熱が上がりはじめ

あっという間に39℃に

抗原検査したら

見事に陽性


f:id:fyou:20221109174617j:image

 

しかし

病院に相談しようにも

その日は祝日

 

とりあえず新聞に載ってる相談センターに電話

でもやっぱり祝日なので対応している病院はないとの事

ただかなりの高熱だからと

救急の電話番号を教えてくれた

 

とりあえず

前にもらった解熱剤が残ってるはずだと探してみると

あった

ただ空きっ腹で飲むのはちょっとなあ

でも熱高すぎて食欲なんかない

しょうがないのでバナナを牛乳で流し込んで

それから解熱剤を飲んで寝た

寝る前には職場に陽性報告

 

次の日

かかりつけの医院に電話

一応PCR検査もしないといけないのかな?と思っていたが

「陽性の抗原検査キット持ってきてください」

と言われた

陽性の結果がでたやつを写真に撮って

あとは症状を聞いて

それに合わせた薬を出してくれた

今は保健所から連絡も来ない

この紙渡されて終わり

 


f:id:fyou:20221109180202j:image

 

すべて自己責任みたいな感じになっていた(^_^;)

 

もう保健所も対応しきれないんだろうな

ワクチンも無料じゃなくなる方向みたいだし

 

まあそれはさておき

高熱は3日続いた

それに加えて酷い喉の痛みと倦怠感

おまけに鼻水がとめどなく出てくる

咳はそれほど酷くはなかったな

 

高熱の3日間は

とにかく食事が難行苦行だった

でも食べないと薬が飲めないので

なんとか胃袋に詰め込んだ

お粥だと一番良かったんだが

お粥作る気力はないので

ご飯にお湯ぶっかけて

梅干し載っけて食べてました

 

父親が買い物行くからなんか欲しいものはあるか?と聞くので

梅干しと果物

あとはうどんを頼んだ

黙ってるとカップうどん買ってきそうな気がしたので

「ちゃんと茹でて作るやつだよ」と言っておいた

すると

梅干しはちゃんと買ってきた

果物はなぜか桃の缶詰め買ってきやがった

私は桃アレルギーだと何度言ったらわかるんだ(^_^;)

いや、加熱したり加工したやつは大丈夫なんで

缶詰めはOKだが

体調悪いときには食べないほうがいいだろう

そしてこれまたなぜか

ザルうどんを買ってきた

あったかいうどんをすすりたかったのに

ていうか今時ザルうどん買って来るか?(^_^;)

さらに「いろいろ買ってきたぞ」とどや顔で言ってきたので見てみると

メンチカツにエビ天にラーメン

 

熱で胃袋も舌も弱ってるときにこんなもん食えるか!

と思ったが

そんなこと言うと鼻まげてしまって母親が迷惑するのでやめておいた

 

母親にはあらかじめ何もしなくていい

とにかく私に近寄るな

と言っておいたが

この品々を見て

野菜の煮物や茶碗蒸しなど

私が口にできそうなものを作っておいてくれた

ありがたや

 

熱は5日目ぐらいには37℃台になり

6日目の昨日

やっと完全に下がった

久々に風呂に入り

普通のご飯に熱い味噌汁を食べた

普通に食べれることのありがたさよ( TДT)

 

今日は7日目

ホントなら療養期間を今日で終えて明日から出勤のはずだが

まだ喉の痛みと咳、鼻水がおさまらない

職場に電話して今週いっぱい休んで様子を見ることにした

 

それにしてもどこで感染したのか?

私は山奥とか

絶対人に会わないようなところばっかり行ってるのに

まあスーパーにも行くし

職場にも人がいる

どこで感染してもおかしくない

 

4回目のワクチンやりたくなくてグズグズしていて感染したせいで

また父親が「だから早くやれって言っただろう」とどや顔で言ってきたので

お前に言われたくないわ!

あんたが一番「絶対やらん!」て言い張ってたやんか!

あんたも感染したから渋々ワクチン打ちに行っただけだろうが!

と心の中で叫んでました

 

療養中一番役に立ったのは飼い猫のぽんちゃんでした

熱が上がって寒気するときは側にきて温めてくれたし

かわいい寝姿で癒してくれました

 

あら?

ぽんちゃんの頭に虫?


f:id:fyou:20221109184805j:image

 

取ってあげようとしたら

トイレ行っちゃった(笑)

今観ても面白い1980年代の映画

何年も前の映画って

その時は面白かったとしても

時間が経ってから観るとつまらなかったりしますよね?

でも中には時間が経っても色褪せない作品もあります

 

今回はそんな映画をいくつかピックアップしました

ちなみになんで1980年代に絞ったのかというと

私の中で特別な時代だから

なんか音楽にしても映画にしても

それ以外でも

いろいろな文化が輝いてた気がするんですよね

一番印象に残る作品が多かった

 

さて

早速いきましょうか

 

あ、その前に

前回書いた変な絵

これの予告動画っぽいやつを雨穴さんがアップしてましたので貼っておきます

購入を迷ってる人は見てみてください

 


【この絵の仕掛けが解けますか?】変な絵 - YouTube

 

 

それでは映画にいきます

まずは「バック・トゥ・ザ・フューチャー

 

1980年代って言ったらこれだよな

というぐらい好きな作品でした

 

マイケル・J・フォックスの代表作ですね

過去にタイムスリップしてしまった主人公が

なぜか両親の出会いをジャマしてしまい

両親が結ばれるように奮闘するSFコメディ

シリーズでpart3まであります

 


「バック・トゥ・ザ・フューチャー」予告編 - YouTube

 

次は「ザ・フライ

 

テレポーテーションの研究をしていた科学者が

ハエの遺伝子と融合してしまい

だんだんハエに変身していくという悲劇を描いたホラー作品

主演はジェフ・ゴールドブラム

ジュラシックパークでイアン・マルコム博士を演じた俳優さんですね

 

だんだんエグい姿になっていくが

知能は保たれたままなので

余計悲劇的でした

 

]
『ザ・フライ』日本版劇場予告編 - YouTube

 

次は「エレファント・マン

 

19世紀末のイギリスに実在した奇形の青年の数奇な人生を描いたお話

生まれつきの奇形で見世物小屋に入れられた青年を

研究のために引き取った医師

一緒に過ごすうちに感受性豊かで心の綺麗な青年だと気付いていく

医師と青年は交流を深め

青年にとって初めて訪れた穏やかな日々

しかし

青年を金儲けの道具としか見ない人間によって

穏やかな日々が壊れてゆく

「ボクは動物じゃない!人間だ!」と叫ぶ青年の姿は

何度見ても心が痛みます

 

当時は青年の奇形の姿だけを必要以上に宣伝文句にしていることが多かったように思います

そのせいでホラー映画と勘違いする人もいたような・・・・・

 

でもホラーではありません

昔は奇形に生まれた人間を見世物小屋で見せ物にするのはよくあることだった

当時は何も考えてなかったけど

映画の宣伝のしかたにも偏見と差別に溢れてたよなあ

と、今になって感じます

 

 


映画『エレファント・マン 4K修復版』予告編 - YouTube

 

最後は「フットルース

 

閉鎖的な田舎に引っ越してきた高校生の主人公

都会から来たことで目の敵にされたり嫌がらせにあったり

いつも騒ぎになってしまうから

大人からは問題児扱い

 

そんな中でも仲間と一緒に卒業記念のダンスパーティを開こうと奮闘する

 

典型的なアメリカの青春映画

 

当たり前だが主演のケヴィン・ベーコンが若い(笑)

 

ダンスをテーマにした映画なら

同じ時代に公開された「フラッシュダンス」のほうが面白いかもしれない

 

でもこの映画は出演者がみんな

スッゴク楽しそうに踊ってるのがいい

ケニー・ロギンスの主題歌もいい

見てるこちらまで自然に体が動き出してしまいそうである

 

頭空っぽにして楽しみたいときにオススメです

 


Footloose - Kenny Loggins - YouTube

雨穴の小説2作目「変な絵」

雨穴さんの2作目の小説

Amazonで予約購入して

読んでみた

 


f:id:fyou:20221023130758j:image

 

読んでみてビックリ

小説の書き方が断然上手くなってる

 

以前出版された小説「変な家」は面白かった

しかし

読んだ方は知ってると思いますが

最初から最後まで「栗原さん」が推理を進め

強引に物語を押し進めていく感が強く

ご都合主義的な感じがぬぐえなかった

 

レビューにもご都合主義と評してる人は結構いた

それは雨穴さんも目にしただろうし

もしかしたら自覚もあったのかもしれない

 

今回の作品にも「栗原さん」は登場しますが

最初と最後のみで

どっちかというと物語の案内役というか

ナビゲーターというか

そんな感じの登場の仕方である

物語の主たるところは栗原さんなしで進んでいく

別々の物語が展開していきながら

最後はちゃんとひとつにまとまる

短い期間でよくもここまで文章も構成も向上させたものだ

 

いつか「栗原さん」に頼らなくても

小説を書けるようになると思う

 

「変な絵」はこの動画が元になってます

小説は全然違う構成になってますが

絵が鍵になって事件の真相が明らかになっていきます

興味のある方は読んでみてください

 


【奇妙なブログ】消えていくカナの日記 - YouTube

本気で金返せと思った映画

好みでない映画を観た後の脱力感はハンパない

特に期待が大きかった場合は

こんなつまんねーやつ観るんじゃなかった💢

と、どこにもぶつけようがない怒りを抱いてしまう

 

今回はそんな映画の話を2つ

 

1つ目

「セブンナイト・イン・アサイラム

 

いわく付きの廃墟となったアサイラム(精神病院)

そこで7日間無事に過ごせたら賞金が出るという企画に乗った数名の男女

しかし誰ひとり戻っては来なかった

 

というあらすじ

 

まあホラー映画にはありがちな設定

でも定番だからこそハズレはあまりない

だから観たのに

 

怪奇現象は地味すぎて何が起こったのか理解するのが遅れること数回

正直これの何が怖いんだよ

って感じ

しかも登場人物は必要以上にキャーキャーわめいてうるさい

ただ見方を変えれば

金をかけて大げさな怪奇現象を見せつける残念な映画よりはマシなのかもしれない

とも思った

 

でも

この映画の感想は

うるさい

この一言である

 

この映画はNetflixでもアマゾンプライムでも観れない

たまたまBOOK・OFFで500円で売っていたので買ってみたのだが

 

金返せ💢

 


セブン・ナイト・イン・アサイラム - YouTube

 

 

2つ目

「デストイレ」

 

これは1時間弱の映画

 

弟が急死したと聞いてかけつけた兄

弟は

住んでいた家のトイレに取り憑いた悪霊に殺された

兄は弟が住んでいた家に住み

トイレがおかしいと気付いて

最初は修理を頼んだりしていたが

そのうち設備的な問題ではないと気付き

お祓いを頼む

お祓いは上手くいかず

牧師も兄も死んでしまう

 

このいかにもバカバカしい設定

最初からB級ホラーだろうと思っていたが

予想以上にバカバカしかった(^_^;)

 

トイレに悪霊が取り憑くとは

なかなか奇抜な設定ではある

話の進め方によっては面白いものになるだろう

しかし

あまりにお粗末すぎた

期待した私がバカだった(^_^;)

 

トイレに向かってお祓いする牧師

トイレに凄む兄

トイレから飛び出すナイフ

 

途中で観るのやめようかと思った

結局最後まで観ましたが

 

これは現在アマゾンプライムで観れます

 


【予告】デストイレ - YouTube

 

この2つの映画

私は金と時間を返せと思いましたが

気に入る人もいるかもしれません

 

私は基本的にB級ホラーは好きなんですが

この2つはちょっと許せませんでした(^_^;)

最近買ったもの

ヒロシのぼっちキャンプ見た方はわかると思いますが

最近放送された北海道で

ヒロシが「ひとだまちゃん」という名のガチャガチャをやって

白のひとだまちゃんゲットしていた

ひとだまちゃんはライトになっていて

番組で見る限り

暗闇でちょうどいい光だった

 

車中泊のときにいいな

かわいいし

と思って

近場でガチャガチャ探してみたが

 

ない

 

ネットで検索してみたら

楽天で売っていた

 

第二弾

12月発売予定になっていたから

予約しました

 

気になる方は「ひとだまちゃんゆらゆらいと」で検索してみてください

 

さて

ライトのひとだまちゃんにはそれまで会えないので

近所のスーパーにあったぬいぐるみのひとだまちゃんをゲットした

1回300円

 

ひとだまちゃんは意外と人気なのか?

ガチャガチャの中身はスゴく少なかった

 

とりあえず300円入れて回すと

出てきました


f:id:fyou:20220919130630j:image

 

開けてみると


f:id:fyou:20220919130656j:image

 

ピンクのひとだまちゃんが入ってた

 

色によって名前が違ってて

ピンクのはももだまちゃん

 

これのライトバージョンが12月に届くわけだ

 

ぬいぐるみは無理にいらないと思ったけど

買ってみたらかわいいから

このまま家の子にします

 

さて

次はダイソーで買ったこれ


f:id:fyou:20220919131143j:image

 

なんだと思います?

 


f:id:fyou:20220919131215j:image

 

直径5cmぐらいの小さいお皿です

これに水を入れて

パンを焼くときに一緒にオーブントースターに入れると

外はカリっと中はふっくらに焼けるというもの

 

試しに買って使ってみたら

ホントにその通りに焼けました

 

全然期待しないで買ったんですが

ビックリでした

疑ってゴメンよダイソー

 

私パンは焼かないで食べるほうが好きだったけど

これは間違いなく焼いたほうが美味しい

 

これからパンは焼いて食べるのが楽しみです

 

救いが全くない映画3選

コロナが猛威を振るう中

気分が滅入る映画のお話で恐縮です

何せ私自身がこういう内容が好きなもので(^_^;)

 

ネタバレもガッツリしますし

後味悪いのが苦手な方は読まないほうがいいかもしれません

 

ではまずひとつ目

「最悪の選択」

イギリスの映画です

現在Netflixで配信中

 

結婚前に男二人で楽しもうと

狩に出かけた男たち

 

ホテルに着いて

酒を飲み

女を口説き

違法な薬物にまで手を出して羽目をはずした

翌朝

フラフラになりながらも狩に出た

 

そこで

誤って鹿ではなく子供を撃ち殺してしまった

呆然と立ち尽くしていると

その子の父親がやってきた

相方は警察に捕まるのはイヤだと

その父親も撃ってしまう

 

なんとかバレないようにと画策する二人だが

結局地元の人間たちにバレてしまい

洗いざらい白状させられる

いろいろあって警察には突き出されなかったが

家に帰れたのは1人だけ

奥さんと生まれたばかりの子供に囲まれ

幸せなはずだが

 

というあらすじ

ちなみになぜ帰れたのが1人だけなのかは

言わないでおきます

気になる方は本編をどうぞ

 

そもそも酒と薬物でフラフラなのに狩に出たのが間違いだし

子供の父親まで撃ったのも間違い

どうあがいても隠せないのに

隠そうとしたのも間違い

こんな間違いだらけの選択

身を滅ぼすに決まってる

ラストで自分の子供を抱いて

じっと見つめるシーンが

とても切なかったです

 

Netflixで「最悪の選択」を観ましたか? https://www.netflix.com/title/80198478?s=a&trkid=13747225&t=more&clip=81006525

 

 

2つ目

「笛を吹く男」

韓国映画

 

ハーメルンの笛吹きというグリム童話がベースになってます

 

ネズミの大量発生で困っていた町の人々

ある日色とりどりのまだら模様の服を着た男がやってきて

良かったらネズミを退治してあげようと言います

町の人々はネズミ退治を依頼し

男に報酬を約束する

男は笛を吹いて見事ネズミを退治するが

町の人々は約束を守らず報酬を払わなかった

怒った男は笛を吹いて子供たちを連れ去り

町からは子供がいなくなった

 

という童話をほぼ踏襲した内容でした

 

この映画では

朝鮮戦争直後の混乱した時代を背景に

地図にも載ってない村にたどり着いた父親と息子の親子連れ

その村でネズミ退治をするが約束の報酬は支払われず

息子共々追い払われる

息子が村人の持たせた毒入り弁当を食べて命を落としたのを見て

父親は村に復讐する

ネズミを戻し

子供たちを笛を吹いて連れ去った

 

韓国版の笛吹き男は

閉鎖された村の集団心理が非常に恐ろしかったです

またまだら模様の服とは

ハンセン病患者を指すのではないかという説もあるらしく

その辺もうまく取り入れていました

童話がベースではありますが

めちゃくちゃ後味悪い映画なので

観るなら覚悟して観たほうがいいでしょう

 


『笛を吹く男』予告編 - YouTube

 

 

3つ目

ダンサー・イン・ザ・ダーク

 

チェコからの移民セルマは息子と二人暮らし

遺伝性の病気で日に日に視力が衰え

いつかは失明する

息子には視力を失わせたくないと

手術費用を貯めていた

もう手術に必要なだけのお金が貯まった

という頃

借金で困っている隣人にそのお金を盗まれてしまう

お金を取り戻そうと揉み合ううちに

意図せず隣人を殺してしまったセルマ

 

お金は取り戻し

病院に息子の手術を頼みお金を払った

その後逮捕され裁判となったが

隣人は金を盗んでからセルマを悪者にしようと色々小細工をしていたことがあり

セルマ自身がチェコからの移民ということで差別などもあり

裁判は不利に進み

とうとうセルマは第一級殺人で絞首刑の判決を受ける

数少ない友人たちは

なんとかセルマを助けようと弁護士を探す

弁護士に払うお金は息子の手術費用だと知ったセルマは

弁護士を断り

絞首刑が執行された

 

この映画

ミュージカルなんですが

わざわざミュージカルにする意味がわからん

普通の映画で良かったんじゃね?

と思ってしまった

だって

こんな後味悪すぎる話

途中で歌や音楽が鳴り出すと違和感ありまくりで(^_^;)

 

セルマもセルマで

わざわざ自分が不利になるように行動していく

まあそういう設定だってだけなんでしょうけど

すべては息子に無事に手術を受けさせたいって親心からきてる行動なんですが

だからといって

ここまで自分を犠牲にする必要あるのかなあ

と思ってしまいました

息子も手術で失明する未来は無くなったものの

母親が罪人として死刑執行されたという事実は残る

最近観た中では

一番納得できない内容でした

 


映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」日本版劇場予告 - YouTube