念願かなってやっと観れた映画part2

前から観たかった映画

into the wild 

 


f:id:fyou:20220109074628j:image

 

ジョン・クラカワーのノンフィクション小説「荒野へ」が原作

 

 

私がこの映画の存在を知ったのは約2年前

アマゾンプライムにはレンタルもなく

DVDは安くて4000円台

 

一旦は諦めて様子を見ることにした

 

待つこと2年

 

もしかしたら他のどこかでは観れたのかもしれないが

アプリを入れすぎるのは好きじゃないので

特に検索もしなかった

 

しかし

アマゾンプライムには一向に現れず

DVDはどんどん値上がり

安くて6000円台

レンタル落ちでも3000円台

 

ここで決断しないともっと手に入りにくくなるかもしれないと思い

DVD購入に踏み切った

 

この映画を観たくてたまらなくなったのは

ヒロシのぼっちキャンプの影響もある

番組ではオープニング曲にGuaranteed を使っている

パール・ジャムのボーカル、エディ・ヴェダーのソロ作品で

この映画のサントラに収録されている

 

おすすめのアーティスト Eddie Vedder https://open.spotify.com/artist/0mXTJETA4XUa12MmmXxZJh?si=WLkfhLI4SFGbPVLrQWwm3Q&utm_source=native-share-menu

 

スゴく好きな作品の1つで

よく聴いている

 

これ聴いてると

やっぱりどうしても観たくなって

6000円出してDVDを買った(^_^;)

 

結果

買って良かった

私にとっては高い金払う価値があった

 

前置きが長くなったが

あらすじは

 

裕福な家庭で育ち

有名大学を優秀な成績で卒業した青年が

すべてを捨てて旅に出た

目指すはアラスカ

 

アラスカにたどり着くまでの生活と

アラスカで死を迎えるまでを描いた映画

 

スゴく憧れを感じる

自分には絶対にできない生活

できないからこそ憧れる

 

正直青年の考えは青臭くて共感できないことも多かったが

自分の夢を実現させるエネルギーはスゴい

私ならこんな生活3日ともたないだろう

いや

もしかしたら一週間ぐらいはもつかもしれないが

すぐ逃げ帰ることは容易に想像できる

 

とにかくいい作品だった

 

映画を観たら原作小説のほうも読みたくなって購入した

同じ内容でも

小説と映画では味わいが違う

今は届くのが楽しみだ

 


映画「イントゥ・ザ・ワイルド」日本版劇場予告 - YouTube

断捨離の1日

寒いですね

冬なので当然ですが

 


f:id:fyou:20211229191240j:image

 

今日は休みだったので

部屋の中を整理

 

1日がかりで不要品を処分した

 

売れるものは売って

捨てるものはまとめておいた

 

中でもどうするか迷ったのが

電気ファンヒーター

 

小型のものを2台使っていたが

どっちも足元暖めるぐらいしか役に立たず

おまけに使ってるとすぐブレーカーが落ちる

 

家は契約電力が控えめなので

ちょっと消費電力が上がるとすぐ落ちる

 

でも石油ファンヒーターは使いたくない

いちいち灯油入れに行くのがイヤなのだ

 

エアコン使うと電気料爆上がりだし·····

 

かといってこのヒーターは役に立たない

 

電気ストーブとコタツがあるので充分といえば充分だが

タツは猫が占領してて

私の足が邪魔になると怒られる(^_^;)
f:id:fyou:20211229190938j:image

 

それにやっぱり部屋全体の空気が暖まらないと

手も足も暖まらないっていうか

 

今はまだいいけど

気温が氷点下になったら耐えられないだろうな

と思ったので

今持ってる2台は売って

新しいのを買うことにした

 

ファンヒーターの買い取りは

多分ハードオフあたりで大丈夫だと思うが

念のため電話して聞いてみた

 

すると

同じオフグループのオフハウスなら可能との事

聞いてみて良かった

 

私が持っていたヒーターは

1つが税込5000円ぐらい

もう1つは税込4000円ぐらいだった

はたしていくらで売れるかな

オフグループなのでまったく期待はせず

例え百円ぐらいでも

買い取ってくれればそれでいいと思っていた

いらないものはいらないのだ

 

早速近くのオフハウスに持ち込むと

査定に30分ぐらいかかると言われたので

その間同じ敷地内にある家電量販店にヒーターを見に行った

 

前の2台はケチって安いの買ったから失敗した

ボーナスも出たことだし

今度はケチらず日本製のちゃんとしたヤツを買おう

ということで

じっくり吟味した結果

購入したのがこちら

 


ホット&クールハイタワーファンKHF-1217 | コイズミオンラインショップ

 

店頭価格15800円だった

 

前述の2台ですが

5000円のほうが千円

4000円のほうが300円で引き取ってくれました

型式がそんなに古くなかったので

思ったよりいい金額でしたね

 

購入したヒーターはどうかというと

大正解でした

すぐ暖まるし

冷暖両用だから一年中使えるし

これとホットカーペットあれば氷点下になっても大丈夫

 

肝心のブレーカーも全然落ちない

 

やっぱりケチってはいけない

安物買いの銭失いを身をもって体験いたしました(^_^;)

 

念願かなってやっと観れた映画

ずっと観たくてしょうがなかった映画があった

でもAmazonで検索しても

「このタイトルは現在ご利用になれません」

DVDはめちゃくちゃ高くて手が出ない

 

Netflixで検索しても

 

ない(^_^;)

 

あんまりいろいろアプリをインストールしたくなかったので

とりあえずそこで諦めた

一応ウォッチリストには入れておいた

いつか観れる日がくるかもしれないと思って

 

そして

つい先日

プライムビデオを覗いたら

プライム会員は観れるようになっていた

 

嬉しい

やっと観れる(ToT)

 

待つこと一年

長かったけど

待った甲斐があった

 

 

早速観たのが

「タッカーとデイル    史上最悪についてないヤツら」


f:id:fyou:20211226132523j:image

 

ホラーコメディです

 

タッカーとデイルの二人は

生まれついての悪人顔たが

いたって普通のおっさん

 

だけど悪人顔のせいでとんでもない誤解を招くことはしょっちゅう

二人は何もしてないのに

周りで人が勝手に死んでいく

 

ある日休暇を過ごすために

長年の夢だった別荘を手に入れた

 

その近くに若者の団体がキャンプに来ていた

その中の1人の女性がケガをして

その女性をデイルが助けたことで悲劇(喜劇?)が始まる

 

二人が凶悪犯だと思い込んだ若者たち

女性を助けようとしていらんことをしてしまったために命を落とすハメに·····

 

助けられた女性は回復したんならさっさと帰れよ

若者たちも怖いなら下手に戦おうとしないでさっさと逃げろよ

そうすりゃ無駄死にしなくて済んだのに

と思ってしまいますが

それを言ったら映画になりませんからね(^_^;)

 

いや~

結構グロいんですが

めちゃくちゃ笑えるんです

待った甲斐があったわ

 


映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』予告編 - YouTube

 

タッカーがウッドチッパーを使って作業してるときに

若者の1人がタッカーに襲いかかるんですが

タッカーがたまたま横を向いたために

勢い余ってウッドチッパーに頭から突っ込んでしまい

命を落とすというシーンがあります

 

これと同じようなシーンがある映画を思い出しました

 

ジャッキー・チェンの「レッドブロンクス


f:id:fyou:20211226134448j:image

 


『レッド・ブロンクス』日本版劇場予告編 - YouTube

 

ある組織の人間に

チンピラの1人が挽き肉を作る機械に生きたまま頭から突っ込まれるシーンがあるんですよ

 

ジャッキー・チェンの映画なのでアクションコメディ

スプラッタでもホラーでもないのでミンチになった姿は出てきませんが

ジャッキー・チェンの映画でそんな残酷シーンが出てくるのは珍しいので印象に残ってます

この映画はアクションもスゴいしストーリーも面白いので

ジャッキー映画の中でもオススメの1つです

 

もう1つは邦画「ミスミソウ


f:id:fyou:20211226135250j:image

 


映画『ミスミソウ』予告 - YouTube

 

ラージャンキーの私が二度と観なくていいと思ったほど胸糞悪い内容でした

 

閉鎖的な田舎に転校してきた女の子

そこで壮絶ないじめを受ける日々

ある日いじめっ子たちが女の子の家に放火して

女の子の家族が全員死んでしまいます

そこから女の子は

自分の家族を殺したクラスメートたちに復讐する

というストーリー

 

その中の一場面に

復讐とは全然関係ないんですが

先生が除雪車に巻き込まれて死ぬシーンがあります

雪で一面真っ白なところが先生の血で赤く染まっていくのは

惨殺シーン見るよりゾッとしました

 

ホラー耐性のない人は見ないほうがいいと思います(^_^;)

密室が舞台の映画

今冬初めての雪が降りました

今朝は寒くて目が覚めました


f:id:fyou:20211218190111j:image

 

豪雪地帯はもっと降ってるんでしょうが

新潟県内はこれから雪に埋もれる季節

コロナもあるし 

しばらくは引きこもり生活です

 

そこで

自分が引きこもるついでに

密室が舞台の映画を6本

 

1つ目「パニック・ルーム」 

ジョディ・フォスター主演

 


f:id:fyou:20211218191014j:image

 

離婚して娘と共にとある家に越してきたメグ

越してきて間もない日の夜

三人の強盗が家に押し入ってきた

メグはとっさに娘を連れてパニック・ルームに立てこもる

 

しかし強盗が入ろうとしていたのはまさにそのパニック・ルームだった

ある資産家がその家に住んでいたとき

パニック・ルームに財産を隠していたのだ

 

メグは強盗たちと攻防を繰り広げるが·····

 

かなりドキドキハラハラしながら観てたサスペンスです

特別変わった演出はないですが

私は面白かったです

 

 


映画「パニックルーム」日本版予告 - YouTube

 

 

2つ目「ペット  檻の中の乙女」

 


f:id:fyou:20211218193554j:image

 

ストーカー男に拉致され

地下の檻の中に囚われた女性のお話

 

監禁された恐怖と絶望を描いた話かな~と思ったら

実はこの女性

ストーカー男よりずっとサイコで怖い女性だったという

檻の中に捕らえ

自分が優位に立っていると思っていたのに

檻の中の女性にいいように操られ

いつの間にやら立場は逆転

 

かなり胸糞悪い内容なので

賛否両論別れると思います

 


ストーカー男に閉じ込められた女性の運命は!?映画『ペット 檻の中の乙女』予告編 - YouTube

 

3つ目「1408号室」

 


f:id:fyou:20211218195150j:image

 

スティーブン・キング原作の映画化

 

あるホテルのその部屋に泊まった人はみんな亡くなるという

1408号室の存在を知った作家

取材のためにその部屋に泊まらせてほしいと支配人に談判

支配人は必死に止めるが作家は諦めず

1408号室に泊まることとなった

時間が経つにつれ

おかしな現象が立て続けに起こり

作家は部屋から出ようとするが·····

 

ラストはちょっと釈然としない感じでしたが

何をどうやっても出られない恐怖が

ひしひしと伝わってきました

 


「1408号室」予告編 - YouTube

 

4つ目

エスケープルーム」

 


f:id:fyou:20211219074603j:image

 

ある日

一万ドルの賞金がかかった脱出ゲームに招待された男女6人

最初はただのゲームだと思って気楽にはしゃいでいた6人

しかし電子レンジのような灼熱地獄や南極のような極寒

さらには毒ガス責めなど命がけのゲームに驚愕しながらもゲームをクリアしていく

ひとり、またひとりと命を落とし

絶望しながらも生き残るためにゲームをクリアしていく

 

この手の生き残りゲームは山ほどありますが

ゲームの内容が意外性があって見応えありました

 


賞金1万ドルの地獄の脱出ゲームに挑む!『エスケープ・ルーム』予告編 - YouTube

 

5つ目

「生きている」

 


f:id:fyou:20211219080757j:image

 

韓国のゾンビ映画

ソウル市内で謎のウィルスに感染した人間がゾンビ化

ゾンビに噛まれた人間は感染しゾンビになる

ゾンビになった人間は人間を襲い食らう

 

ほぼバイオハザードみたいな感じで

ゾンビは瞬く間に増えていく

 

主人公は生き残りをかけ

ネットを駆使して救助要請

 

他のゾンビ映画と違うところは

逃げ惑うんじゃなくて

部屋に立てこもりネットを駆使しているところ

まあ冷静に考えたらそうですよね

ゾンビがうようよしてる外に出ていくのは自殺行為

それなら家の中で救助要請しながら状況を見ていったほうがいい

 

またこの映画

ゾンビにもちゃんと知恵がある

そこも他のゾンビ映画と違うところですね

 

食料も乏しくなり

ネットも繋がりにくくなり

混乱を極める中

主人公はどうやって生き延びるのか

 

グロさはほとんどないので

Netflixでどうぞ

 


#生きている | 公式予告編 | Netflix - YouTube

 

最後6つ目

「ソウ」

 


f:id:fyou:20211219085137j:image

 

このシリーズは有名だし

ファンも多いので

知ってる人も多いと思います

かく言う私も大好きな作品の1つ

 

 

現在シリーズは1~7で完結

のはずでしたが

その他に2作品でてます

 

ある日見知らぬ建物の中で目覚めると

鎖で拘束されており

様々なトラップが仕掛けてある

 

これはジグソウという人物の仕業

ジグソウは無差別に人を連れ去りトラップを仕掛けているわけではない

監獄には入っていないが

悪いことをしている人間はたくさんいる

小さな罪

しかし許されていいことではない

そんな人間をターゲットに選ぶ

 

アメリカ版仕置き人みたいな感じですかね

 

そしてトラップを仕掛けるが

必ず助かる道も残している

でもトラップをクリアして生きて脱出するのは至難の技

ほとんどの人間はクリアできず命を落とします

 

その他2作品は

ジグソウが死んだ後

酷似した事件が起こるという内容

 

ちなみに一作目のトラップを少しバラすと

 

見知らぬ建物の中で目を覚ますと

部屋の両端に鎖で拘束された男二人

部屋の真ん中には死体

 

しばらくするとノコギリを見つけるが

そのノコギリでは鎖を切れない

切れるとしたら自分の足のほうだ

 

ひとりの男へのジグソウからの指示 

時計が6時をさすまでにもうひとりの男を殺せ

達成できなければお前の妻子を殺す

 

こんな状況になったら

 

どうしますか?

 

 

ソウはこの手の作品としてはグロ度低め

内容もサスペンス色のほうが強く

誰が見ても満足度は高いと思います

 


映画「ソウ」日本版劇場予告 - YouTube

予想外の展開だった映画

最近Fire TV Stick 4Kを買って

映画を観まくっている


f:id:fyou:20211212084424j:image

 

映画観ながらステッパーで運動不足も解消できるし

実に良い買い物だった

 

さて

最近観た映画で

いい意味で予想外で面白かった作品を3つほど

 

(あらすじはYahoo映画からの引用です)

 

1つ目

セブンシスターズ


f:id:fyou:20211212084855j:image

 

近未来。人口の増加と飢饉によって深刻な食糧難となり、世界の国々は厳格な一人っ子政策を行っていた。そんな状況下で、セットマン家の七つ子姉妹は、祖父によって各曜日の名前を付けられ、それぞれ週に1日ずつ外出し、共通の人格を演じることで当局の監視の目を逃れてきた。ある日マンデーが帰宅しなかったことから、姉妹の日常は狂い始める。

 

最初は姉妹全員で協力してピンチを乗り切る

みたいな話かな~

と思ってました

 

まあ実際にそういう話なんですけど

 

心暖まるような話を想像してたんで

まさかこんな残酷な展開のスリラー映画とは思わなかった

 

残酷と言っても

グロさはほとんどなくて

アクション要素のほうが強かったです

 

一人っ子政策とはどういうものなのか

姉妹はどうなるのか

是非本編を観てみてください

 


セブン・シスターズ 予告編 - YouTube

 

2つ目

「バクラウ    地図から消された村」

 

テレサは村の長老カルメリータが亡くなったことを受けて、故郷の村バクラウに戻ってくる。しかしその日以降、インターネットの地図上から村が消え、謎の飛行物体が上空に出現し、村の命ともいえる給水車のタンクが銃撃を受けるなど、村では異変が続発。やがて村外れで村人が殺害され、それまでほとんど見かけなかったよそ者の来訪によって、村は血なまぐさい暴力の渦に巻き込まれていく。

 

これも予想外

あらすじ読んだときはSF的なやつかな?と思っていた

別にものすごく意外な内容ではなかったけど

村人に訪れる突然の災禍と

村人の反撃が怖すぎる

 

突然の災禍の原因はなんなのか

 

貧困と格差に焦点を当てた作品

これは賛否両論別れる作品だと思いますが

私は面白かったです

 


【予告編】バクラウ(Bacurau)|日本語字幕|カンヌ国際映画祭審査員賞(2019)|クレベール・メンドンサ・フィーリョ/ジュリアーノ・ドルネレス - YouTube

 

3つ目

「観察者」


f:id:fyou:20211212093657j:image

 

 

これはYahoo映画で検索しても見つかりませんでした

プライムビデオにはあったんですけどね

 

ある若いカップルが向かいの部屋のカップルを覗き見するうちにだんだんはまっていく

双眼鏡を使い

だんだん相手の生活にも入り込んでいく

 

あらすじ読んだときは

覗き見カップルがおかしな方向にいくのかな~と思っていた

全然違ってました

 

どんでん返しというほどではないですが

予想外だった

こちらが見ていれば相手からも見える

それを利用したサスペンス映画

 

面白かったけど

エロいシーンが多いので

家族と一緒に観るのはやめたほうがいいと思います(^_^;)

 


The Voyeurs - Official Trailer | Prime Video - YouTube

 

個人的に面白かった韓国映画

韓国映画って

好きな人結構多いですよね

 

私実はあんまり好きじゃなかったんです

背景が複雑で理解が追いつかないものが多くて

特にホラーは

 

単に私に理解力がないだけかもしれませんが····

 

そんな私にも面白いと思えた韓国映画を4作品ご紹介

 

1つめは「藁にもすがる獣たち」


f:id:fyou:20211121075511j:image

 

日本の曽根圭介の小説が原作の映画

大金の入ったカバンをめぐって

それを必死になって手に入れようとする人間たちの

3つのストーリーが同時進行で展開していく

 

物語が進むにつれて

あ~

こういう風につながっていくのか

とわかってくる

原作小説は読んでいないが

映画は大変面白かったです

 

人間て大金が絡むと

こんなことも平気でやっちゃうんだな~

ってシーンがいくつかあるので

血が苦手な人は要注意かも

 


『藁にもすがる獣たち』予告編 - YouTube

 

 

2つめは「消された女


f:id:fyou:20211121082721j:image

 

ある日突然連れ去られ

精神科病棟に監禁された女性の話

 

合法的に入院、監禁された複数の実話を元に作られたそうです

 

韓国映画って

とにかくあらゆる意味で徹底的

手加減なし

主人公の女性は本来なら平穏な人生を送るはずだった

しかし

母親の再婚相手から地獄に突き落とされる

精神科病棟の中は

まさに地獄でした

 


映画『消された女』予告編 - YouTube

 

3つめはガチホラー「コンジアム」


f:id:fyou:20211121084659j:image

 

韓国で実在の心霊スポットとして知られる廃病院

そこに忍び込んだ若者7人が恐怖の体験をする

 

この映画

ガチで怖いって声がすごく多かったんで

すっごく期待して観たんですが

私としては

そんなに怖いか?

と思ってしまった

 

いや

怖いことは怖いんですよ

実際にこんな体験したら死ぬほど怖いと思うし

でも映画として見ると

心臓に悪いシーンなんて2~3ヵ所ぐらいだし

女たちはヒステリックに泣きわめいててうるさいし

あまり怖いとは思えなかった

ま、私がホラー慣れして感覚が麻痺してるだけかもしれませんが

 

ただ全体として見ると

心霊現象を扱ったものとしては非常に良かったと思います

わざとらしい演出でシラケることもなかったし

物語の進行も自然で

最後まで楽しむことができました

 


映画『コンジアム』予告編 - YouTube

 

4つめは「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」


f:id:fyou:20211121091934j:image

 

1980年に韓国で起きた光州事件でのドイツ人記者と韓国人タクシー運転手の実話の映画化

 

運転手は光州までドイツ人記者を乗せて行けば

多額の謝礼がもらえるという話に二つ返事で飛び付いた

道中多少危険なことがあって

何かおかしいな

と思っても

頭に浮かぶのは謝礼のことだけ

光州で何が起こるのかなんて知らないし

興味もない

 

しかし

実際に光州での惨状を目の当たりにすると態度が一変

「このことを全世界に伝えてくれ!」と

光州での事件の取材を終えたドイツ人記者を

命の危険もかえりみず

無事祖国へ帰るための空港まで送り届ける

という感動の物語

 

もし上の3つの映画観てメンタルヤバくなったら

これ観てメンタル回復してくださいね(^_^;)

 


2017年韓国No.1大ヒット!『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』 本予告 - YouTube

ホラー苦手な人にも観てほしい映画&メンタル立て直す癒し作品

ホラーにも名作駄作いろいろありますが

ホラー大好き人間から

怖いだけでない作品はホラー嫌いな人にも観てほしいと思う

そんな映画をいくつか書こうと思います

 

まずはこれ

「ゲットアウト」


f:id:fyou:20211102083339j:image

 

人種問題が根強く残るアメリカの闇を描いた作品

 

黒人のクリスは週末に白人の恋人ローズの実家で過ごすことになったが

この家で恐怖の体験をする

 

実はローズの実家は黒人を奴隷として売っていた

その奴隷というのも普通に使役するための奴隷ではない

どんな奴隷かは本編を観てほしいんですが

まあひどい

こんな目に合うなら死んだほうがマシってレベル

ここまでじゃなくても

現代でも理不尽な扱いを受けている人たちがいると思うと

やりきれなくなります

 

この一家怖すぎる

まずローズが商品になりそうな黒人の男性を誘惑して実家に連れていく算段をつける

実家に連れていくのに成功したら

心理学者の母親が暗示をかけて体の自由を奪う

競りにかけて落札されたら

医師である父親と弟の出番

 

といった具合に

家族ぐるみの犯行を重ねていた

こんな家族

実際にもいそうでマジ怖です

 


『ゲット・アウト』予告編 - YouTube

 

 

次はこれ

「ジェーン・ドゥの解剖」


f:id:fyou:20211102092241j:image

 

この監督天才か?と思った作品

 

ご存知の方もいるでしょうが

念のため説明するとジェーン・ドゥとは身元不明の女性のこと

これが男性だとジョン・ドゥになるそうです

 

解剖医として働く親子の元に

警察から身元不明の遺体の解剖の依頼があった

解剖を始めると不思議な現象が起こりはじめ

恐ろしい事実が明らかになっていく

というのがあらすじ

 

ホラー映画の手法としては特別変わったことしてるわけじゃないんですが

いろんな意味でセンスがいいんですね

まず根っ子に解剖を持ってきてることによって

オーソドックスな手法がなんか新鮮に怖く感じるんです

あとはカメラワークとか異変の出し方のタイミング

音楽の使い方とか

もう怖さの演出の仕方がホントうまい

 

余談ですが

異変が起こる前触れとして使われてた曲

めっちゃ明るい曲なのに

これがものすごく怖い

映画見終わってからその曲が頭から離れなくなって

ちょっと気分変えようと思ってテレビつけたら

クラシック音楽の番組やってて

演奏してた曲がショパンの葬送(^_^;)

 

怖い気分を吹き飛ばしたくてテレビつけたのに

偶然とはいえ

あまりにもタイミングよく薄暗い曲流れてたんでちょっとビビりました(^_^;)

 


映画『ジェーン・ドウの解剖』予告編 - YouTube

 

 

次はこれ

「ウィッシュ・ルーム」


f:id:fyou:20211102175245j:image

 

とある一軒家に引っ越してきた夫婦

その家には厳重に封印された部屋があった

その部屋でほしいものを願うと叶えてくれる

そういう部屋だった

それから夫婦は仕事もせず

その部屋に高価なものや大金を願い

贅沢三昧な暮らしをしていた

しかし

部屋に願って手に入れたものは

家の外に持ち出すと

あっという間に腐敗や老朽化が進み

灰となってしまうのだった

家の中だけの虚構の品

ある日妻は部屋に自分たちの子供を願い

部屋は男の赤ん坊を妻に与える

それまで二度の流産を経験し

妊娠することに臆病になっていた妻は

欲しくてたまらなかった赤ん坊を腕に抱く

しかし夫は部屋に願って手に入れた子供は受け入れられない

ここから次第に夫婦の歯車は噛み合わなくなり

子供によって恐ろしい状況が訪れるのだった

 

人間の欲望をテーマにした作品

欲しいものがなんでも手に入る

それでダメになった人の話はよくある

この夫婦はどうなったのか

子供はどうなったのか

ぜひ本編で確認してみてください

 


THE ROOM Official Trailer (2019) Olga Kurylenko, Mystery, Sci-Fi Movie - YouTube

 

ホラー苦手な人にも観てほしい映画

最後はこれ

「ハッピー  デス  デイ」


f:id:fyou:20211102182605j:image

 

自分の誕生日にマスクをつけた何者かに襲われ殺された女子学生ツリー

目が覚めるとまた自分の誕生日で

また殺される

そしてまた·····

と殺される誕生日を繰り返す

繰り返しながら犯人をつきとめて殺されるループから抜け出そうと必死になる

果たして犯人は判明するのか

ツリーはループから抜け出すことができるのか

というのがあらすじ

 

この設定は確かにホラーなんですけど

全然怖くないんですよね

むしろコメディなんじゃないかってぐらい笑える

こんなに怖くないホラーは珍しいですよ(笑)

ホラー苦手な人でも平気で観れるレベルだと思います

 

主人公のツリーは美人だけど性格悪い

そのツリーが殺されるループを繰り返すうちに

自分を見つめ直し

成長していくところも見所のひとつ

最後は実に勇ましく戦い

見事ループから抜け出すことに成功します

 


【6月28日公開!】映画「ハッピー・デス・デイ」日本版予告 - YouTube

 

 

さて

話変わって

私はホラーが大好きですが

ずっとホラーばっかり観てるとメンタル厳しくなってくることもあります

そんなとき

メンタル立て直すためにみる作品をいくつか

 

まずはこれ

「ステキな金縛り」


f:id:fyou:20211102190622j:image 

 

三谷幸喜監督

幽霊出てきますがコメディです

 

クビ寸前の崖っぷちに立たされた弁護士が依頼された事件の弁護

容疑者のアリバイを証言できるのは落武者の幽霊

その落武者の幽霊に法廷で証言してもらうために奮闘します

 

西田敏行さん扮する落武者の幽霊が

かわいいんですよ( *´艸`)

ぜひシナモンティー飲みながら観てください

 


ステキな金縛り[予告] - YouTube

 

ここからは本になります

 

「ぼくと三本足のちょんぴー」


f:id:fyou:20211102191846j:image

 

漫画家の小田原ドラゴンさんが

飼い犬のちょんぴーとの生活を描いたエッセイ漫画

ほっこりしてて癒されます

全3巻

 

次はこれ

「一日江戸人」


f:id:fyou:20211102192338j:image

 

今は亡き杉浦日向子さんの著書

 

現代の江戸人と言われた杉浦日向子さん

江戸の風俗や江戸の人たちの暮らしなどを楽しく分かりやすく書いた1冊

これ読むと

現代の暮らしが窮屈に思えてくる

年取ったらこんなふうに暮らせたらいいな

と思う

 

次はこれ

「山の帰り道」


f:id:fyou:20211102193241j:image

 

著者が登山したときのことを書いたエッセイ

こちらもほっこり癒される

いろんな山に行っているらしいこの方

楽しい思い出だけではないけど

山が好きなんだな~と伝わってくる1冊

山好きな人にはおすすめです

 

最後はこれ

「日本の小さな本屋さん」


f:id:fyou:20211102194040j:image

 

最近買った本ですが

すご~く楽しい

本好きな人は

多分本屋めぐりも好きだと思う

実際私も好きだし

お気に入りの本屋を探すのも楽しい

そんな人におすすめ

行ってみたいな~と思う本屋もあるので

コロナが終息したら考えようと思います

 

以上

 

ホラーでメンタルやられてしまった方

参考になるかわかりませんが

お役に立てたら幸いです