本格カンフー映画は最高だ

これから暑さと湿気で不快指数があがる時期ですね

スカッとしたくてアクション映画を観まくってました

私が好んで観るのはカンフーアクションが多い

ブルース・リー

ジェット・リー

ドニー・イェン 

ジャッキー・チェン

 

全員一流のアクションスターである

ジャッキー・チェンを除いてはガチの武術家でもある

ただジャッキー・チェンも武術家としても通用する腕前を持っている

 

彼らの映画は良く観るが

現代を舞台にした作品はほとんど観ない

日本で言うなら時代劇?

時代劇なら剣術、殺陣

それと同じように

カンフー映画なら銃その他現代的な武器が出てくるものではなく

カンフーで戦うものが見たいのである

 

ということで

彼らの作品の中でも

初期の頃の作品のほうが断然好きだ

 

今見ると当然古くささはあるが

アクションは最高だ

 

その中でも特に好きな作品をいくつかご紹介

 

まずはジェット・リー

「新・少林寺伝説」

 


f:id:fyou:20210613162833j:image

 


映画『新・少林寺伝説』 オリジナル劇場予告編 - YouTube

 

清代の実在人物で、南派少林拳洪家拳の祖

洪煕官(ハン・カーロ)を描いた作品

この人物

実在したのは確からしいが

彼に関することはあまりわかっていない

清朝少林寺焼き討ち事件が冒頭にあり

そこから物語が発展していく

幼い息子を守りながら仇討ちを果たす

カンフー映画では王道の復讐劇

内容はともかく

アクションは絶品 

 

同じくジェット・リー主演

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ

シリーズ第一作目の「天地黎明」


f:id:fyou:20210613165230j:image

 

こちらも清朝時代が舞台

当時実在した人物

黄 飛鴻(ウォン・フェイフォン)を描いた作品

 

先ほどのハン・カーロの操る武術

洪家拳を父から叩き込まれ

動乱の時代の治安維持に努めていた

後に彼の代名詞となった足技「無影脚」を武器に祖国を支えた

アクションも最高だが

清朝時代の中国の国内情勢も知ることができる貴重な作品

 


映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』予告編 - YouTube

 

このウォン・フェイフォンは「酔拳2」でジャッキー・チェンも演じている


f:id:fyou:20210613170536j:image

 

こちらは若かりし日の修行時代のウォン・フェイフォン

得意とする酔拳を父から止められるも

必死に祖国のために戦う姿を描いている

ジェット・リーのウォン・フェイフォンと見比べてみるのもいいかもしれない

 


酔拳2 (1994) - 日本劇場予告編 - YouTube

 

そのジャッキー・チェンの作品の中で一番好きなのが

「クレイジーモンキー笑拳」

 


f:id:fyou:20210613171228j:image

 

カンフーの師でもある祖父を殺され

仇討ちのため修行する

これも王道の仇討ち物語だが

ジャッキーの明るさを生かしたコメディ仕立てになっているので

悲壮感はまったくない

ジャッキーが自分で考えたという拳法が見もの

 


クレージーモンキー笑拳 (1979) - 日本劇場予告編 - YouTube

 

さて

そのジャッキー・チェンが唯一

評論家からもファンからもボロクソにけなされた作品がある

 

「ドラゴンロード」

 

アメリカ映画「キャノンボール」に出演した後の作品で

古くからのカンフー映画からの脱却を試みた作品だった

ものすごく気合いを入れて制作したにもかかわらず

本格カンフーアクションは見ることができず

かと言って内容的には今までと大して変わらない勧善懲悪物語

という非常に中途半端な作品になってしまったのが原因

私も当時はこれ見てスッゴクがっかりした

でも今になって考えると

カンフー映画だと思わなければ

娯楽映画だと思えば

それなりに楽しめる作品かもしれない

ジャッキー・チェンの持ち味である明るいコメディ要素

中国の

なんて名前か知らんけど

サッカーとラグビーが合体したようなスポーツもなかなか楽しく見れる

私のように本格カンフー映画を見たい人にはオススメしませんが·····

 


ジャッキー・チェン/Jackie Chan 「ドラゴンロード/Dragon Lord(1982)」 - YouTube

 

最後はドニー・イェン主演

「イップマン」


f:id:fyou:20210613174022j:image

シリーズもので 

序章

葉問

継承

完結

の4部作で完結している

 

こちらも実在の人物

詠春拳の使い手で

弟子のひとりにはブルース・リーがいた

映画の中には弟子時代のブルース・リーが登場します

 

激動の時代を生き抜いたイップマンの生涯を描いた作品

 

中国映画は西洋や日本に対するあたりが強いものが多いですが

まあいたしかたないでしょう

壮絶な格闘シーンは圧巻

イップマンの人柄もほっこりします

 


格闘映画「イップ・マン」のベストシーン ランキングTop10 - YouTube