ホラー苦手な人にも観てほしい映画&メンタル立て直す癒し作品

ホラーにも名作駄作いろいろありますが

ホラー大好き人間から

怖いだけでない作品はホラー嫌いな人にも観てほしいと思う

そんな映画をいくつか書こうと思います

 

まずはこれ

「ゲットアウト」


f:id:fyou:20211102083339j:image

 

人種問題が根強く残るアメリカの闇を描いた作品

 

黒人のクリスは週末に白人の恋人ローズの実家で過ごすことになったが

この家で恐怖の体験をする

 

実はローズの実家は黒人を奴隷として売っていた

その奴隷というのも普通に使役するための奴隷ではない

どんな奴隷かは本編を観てほしいんですが

まあひどい

こんな目に合うなら死んだほうがマシってレベル

ここまでじゃなくても

現代でも理不尽な扱いを受けている人たちがいると思うと

やりきれなくなります

 

この一家怖すぎる

まずローズが商品になりそうな黒人の男性を誘惑して実家に連れていく算段をつける

実家に連れていくのに成功したら

心理学者の母親が暗示をかけて体の自由を奪う

競りにかけて落札されたら

医師である父親と弟の出番

 

といった具合に

家族ぐるみの犯行を重ねていた

こんな家族

実際にもいそうでマジ怖です

 


『ゲット・アウト』予告編 - YouTube

 

 

次はこれ

「ジェーン・ドゥの解剖」


f:id:fyou:20211102092241j:image

 

この監督天才か?と思った作品

 

ご存知の方もいるでしょうが

念のため説明するとジェーン・ドゥとは身元不明の女性のこと

これが男性だとジョン・ドゥになるそうです

 

解剖医として働く親子の元に

警察から身元不明の遺体の解剖の依頼があった

解剖を始めると不思議な現象が起こりはじめ

恐ろしい事実が明らかになっていく

というのがあらすじ

 

ホラー映画の手法としては特別変わったことしてるわけじゃないんですが

いろんな意味でセンスがいいんですね

まず根っ子に解剖を持ってきてることによって

オーソドックスな手法がなんか新鮮に怖く感じるんです

あとはカメラワークとか異変の出し方のタイミング

音楽の使い方とか

もう怖さの演出の仕方がホントうまい

 

余談ですが

異変が起こる前触れとして使われてた曲

めっちゃ明るい曲なのに

これがものすごく怖い

映画見終わってからその曲が頭から離れなくなって

ちょっと気分変えようと思ってテレビつけたら

クラシック音楽の番組やってて

演奏してた曲がショパンの葬送(^_^;)

 

怖い気分を吹き飛ばしたくてテレビつけたのに

偶然とはいえ

あまりにもタイミングよく薄暗い曲流れてたんでちょっとビビりました(^_^;)

 


映画『ジェーン・ドウの解剖』予告編 - YouTube

 

 

次はこれ

「ウィッシュ・ルーム」


f:id:fyou:20211102175245j:image

 

とある一軒家に引っ越してきた夫婦

その家には厳重に封印された部屋があった

その部屋でほしいものを願うと叶えてくれる

そういう部屋だった

それから夫婦は仕事もせず

その部屋に高価なものや大金を願い

贅沢三昧な暮らしをしていた

しかし

部屋に願って手に入れたものは

家の外に持ち出すと

あっという間に腐敗や老朽化が進み

灰となってしまうのだった

家の中だけの虚構の品

ある日妻は部屋に自分たちの子供を願い

部屋は男の赤ん坊を妻に与える

それまで二度の流産を経験し

妊娠することに臆病になっていた妻は

欲しくてたまらなかった赤ん坊を腕に抱く

しかし夫は部屋に願って手に入れた子供は受け入れられない

ここから次第に夫婦の歯車は噛み合わなくなり

子供によって恐ろしい状況が訪れるのだった

 

人間の欲望をテーマにした作品

欲しいものがなんでも手に入る

それでダメになった人の話はよくある

この夫婦はどうなったのか

子供はどうなったのか

ぜひ本編で確認してみてください

 


THE ROOM Official Trailer (2019) Olga Kurylenko, Mystery, Sci-Fi Movie - YouTube

 

ホラー苦手な人にも観てほしい映画

最後はこれ

「ハッピー  デス  デイ」


f:id:fyou:20211102182605j:image

 

自分の誕生日にマスクをつけた何者かに襲われ殺された女子学生ツリー

目が覚めるとまた自分の誕生日で

また殺される

そしてまた·····

と殺される誕生日を繰り返す

繰り返しながら犯人をつきとめて殺されるループから抜け出そうと必死になる

果たして犯人は判明するのか

ツリーはループから抜け出すことができるのか

というのがあらすじ

 

この設定は確かにホラーなんですけど

全然怖くないんですよね

むしろコメディなんじゃないかってぐらい笑える

こんなに怖くないホラーは珍しいですよ(笑)

ホラー苦手な人でも平気で観れるレベルだと思います

 

主人公のツリーは美人だけど性格悪い

そのツリーが殺されるループを繰り返すうちに

自分を見つめ直し

成長していくところも見所のひとつ

最後は実に勇ましく戦い

見事ループから抜け出すことに成功します

 


【6月28日公開!】映画「ハッピー・デス・デイ」日本版予告 - YouTube

 

 

さて

話変わって

私はホラーが大好きですが

ずっとホラーばっかり観てるとメンタル厳しくなってくることもあります

そんなとき

メンタル立て直すためにみる作品をいくつか

 

まずはこれ

「ステキな金縛り」


f:id:fyou:20211102190622j:image 

 

三谷幸喜監督

幽霊出てきますがコメディです

 

クビ寸前の崖っぷちに立たされた弁護士が依頼された事件の弁護

容疑者のアリバイを証言できるのは落武者の幽霊

その落武者の幽霊に法廷で証言してもらうために奮闘します

 

西田敏行さん扮する落武者の幽霊が

かわいいんですよ( *´艸`)

ぜひシナモンティー飲みながら観てください

 


ステキな金縛り[予告] - YouTube

 

ここからは本になります

 

「ぼくと三本足のちょんぴー」


f:id:fyou:20211102191846j:image

 

漫画家の小田原ドラゴンさんが

飼い犬のちょんぴーとの生活を描いたエッセイ漫画

ほっこりしてて癒されます

全3巻

 

次はこれ

「一日江戸人」


f:id:fyou:20211102192338j:image

 

今は亡き杉浦日向子さんの著書

 

現代の江戸人と言われた杉浦日向子さん

江戸の風俗や江戸の人たちの暮らしなどを楽しく分かりやすく書いた1冊

これ読むと

現代の暮らしが窮屈に思えてくる

年取ったらこんなふうに暮らせたらいいな

と思う

 

次はこれ

「山の帰り道」


f:id:fyou:20211102193241j:image

 

著者が登山したときのことを書いたエッセイ

こちらもほっこり癒される

いろんな山に行っているらしいこの方

楽しい思い出だけではないけど

山が好きなんだな~と伝わってくる1冊

山好きな人にはおすすめです

 

最後はこれ

「日本の小さな本屋さん」


f:id:fyou:20211102194040j:image

 

最近買った本ですが

すご~く楽しい

本好きな人は

多分本屋めぐりも好きだと思う

実際私も好きだし

お気に入りの本屋を探すのも楽しい

そんな人におすすめ

行ってみたいな~と思う本屋もあるので

コロナが終息したら考えようと思います

 

以上

 

ホラーでメンタルやられてしまった方

参考になるかわかりませんが

お役に立てたら幸いです